おむつってなにでできているの?

5

(1)高分子吸収体

正式名称は高吸収性樹脂(Super Absorbent Polymer)、アメリカで開発されました。成分は主にポリアクリル酸塩で、白や淡い黄色の粉末で無臭です。その吸収力は粉末そのものの重さの約50?100倍のおしっこを吸収し、さらに一度吸収した水分を外から圧したりしても、ほとんど戻さないという特徴もあり、現在の紙オムツの快適性能は、これなしでは語れないほどの重要なものです。


気になる安全性ですが、吸水性樹脂工業会の試験で、
急性毒性試験--高分子吸水材を誤って飲み下した場合の安全性
皮膚刺激性試験--直接皮膚に付着した場合の皮膚に対する刺激性
接触感作性試験--直接皮膚に付着した場合のアレルギー反応等を引き起こす性質
膣粘膜刺激性試験--直接局部粘膜に接触した場合の刺激性
が確認されているそうです。

 

もちろん、誤飲しても大丈夫、と安心してはいけませんが、素材そのものに毒性はないようです。ただし、水分を吸収したら膨らむ、という点を考えると、たくさん食べたりしたら、のどにつまってしまうかもしれません。やはり、なんでも口にいれてしまう赤ちゃんには、手の届かない場所に置いたほうが安心ですね!


 

 

(2)オシリに触れる表面材

ママにとってもっとも気になるのは、子どものオシリに優しいかどうか。アンケートでは、「どのおむつをはかせても大丈夫」という声も多く聞かれましたが、中には「1回はかせただけでオシリの皮がむけた」「ブランドを変えたら赤くなった」などのコメントもあり、おむつとの相性もあるようです。


おむつの表面材に使用されている「不織布」呼ばれる部分は、多くはレーヨン・ポリエステル・ポリプロピレン・ポリエチレンなどの素材で、織らずに並べて絡(から)み合わせます。おしっこした後の紙おむつに触っても、さらっとした感触がするのは、普通の紙や布と比べて、繊維自体の吸水性が少ないこと、おしっこをすばやく下の吸水材に導き、後戻りさせない性質などを持っているからです。


一見、同じように見えても、各製品によって、素材も織り方も千差万別。もちろん、どのメーカーもおしりに優しいおむつ作りに努力されているようですが、「うちの子は肌が弱いかも」と思われる場合は、念のため試供品などで試してみるといいでしょう。

 

資料提供・取材協力:日本衛生材料工業連合会

 

 

2015/07/06


この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。