月齢別子どもの眠りについて(6ヶ月~1歳)

7

監修者

医師 三石 知左子 先生

小児科 | 葛飾赤十字産院院長


東京女子医科大学小児科入局後、東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師などを経て、現在、葛飾赤十字産院院長、東京女子医科大学非常勤講師。

 

■主な経歴

1982年3月 札幌医科大学医学部卒業
1982年5月 東京女子医科大学小児科学教室入局
1987年4月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門配転
1993年1月 医学博士取得
1994年5月 東京女子医科大学母子総合医療センター小児保健部門講師
1999年3月 東京女子医科大学退職
1999年4月 葛飾赤十字産院副院長、東京女子医科大学非常勤講師
2006年4月 葛飾赤十字産院院長

 

■専門領域

小児保健、ハイリスク児のフォローアップ
健診等を通じて乳幼児の発育発達、育児相談を中心に診療し、
育児雑誌やインターネットでの育児相談を担当している。

 

■所属学会・委員等

日本小児科学会専門医
日本小児科学会男女共同参画推進委員会委員長
日本小児皮膚科学会運営委員
日本タッチケア協会幹事
東京都小児保健協会幹事
こどもの心相談医
日本医師会認定産業医
NPOブックスタート理事

 

 

■HP 葛飾赤十字産院

■ブログ 院長ブログ

 

眠らない!どうして?いいの?

月齢別こどもの眠りについてのQ&A

睡眠に関しては育児のQ&Aでも多数の質問が寄せられています。今回は月齢別ごとのママたちの睡眠についての悩み・疑問についてはっぴーママでもおなじみ小児科医・三石先生からの回答をご紹介します。

 

 

パジャマはいつ頃から着せればいいのですか?

6ヶ月の子どもがいるのですが、パジャマはいつ頃から着せればいいのでしょうか?
息子は寝汗をかくので、パジャマを着せたほうがいいのかな?とか、洋服を着せて寝かせたら、朝方は寒いかな? 風邪をひいちゃうかな? なんて心配ばかりしています。ご回答をお願いします。

 

 

A.

いつからパジャマにすべき、というような定義はありません。ベビー服売り場に行くと70cmくらいからサイズがあるようなので、そのあたりの月齢からがひとつの目安といえるでしょう。私の子どもの場合、6ヶ月頃から一日のけじめをつけるような気持ちでお風呂上がりにパジャマに着替えさせて寝かせていました。

 

 

 

 

うつぶせ寝の影響について教えてください。

こんにちは。7ヶ月になる娘について質問します。5ヶ月過ぎに寝返りが自由に出来るようになってから、うつぶせばかりで寝るようになりました。ほとんどあおむけで寝ることはなく、朝までうつぶせのようです。顔は右や左に向き直しています。苦しい様子はなくよく寝ています。あおむけに寝かせても自分でうつぶせになってしまいます。うつぶせ寝はよくないと聞いてますが、寝返りが出来ていれば大丈夫でしょうか。心配です。

 

A.

乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防から、うつぶせ寝ではなく仰向け寝が勧められています。疫学調査の結果、SIDSの発生頻度を高める育児環境としてうつぶせ寝、両親の喫煙習慣、非母乳がわかりました。そこでSIDS予防として、仰向け寝で育てる、タバコをやめる、できるだけ母乳で育てる、なるべく赤ちゃんを一人にしない、ということが挙げられています。自分で寝返るようになり、6ヶ月を過ぎてくるとSIDSの危険性は低下します。うつぶせの姿勢になってしまった場合、顔は横を向いている、ママがそばにいる、固めのふとんを使う、顔の周りにはタオル・ハンカチなどの小物を置かない、厚着をさせない、といったことに注意していれば、大きな問題はないでしょう。

 

 

子どものいびきは何かの病気?

11ヶ月の男の子について質問します。最近いびきをかくのですが、子どものいびきは何かの病気でしょうか? 顔を横に向けて寝かせると、いびきは聞こえないのですが心配です。

 

 

A.

風邪の症状があると、鼻や喉の粘膜が腫れて息の通り道が狭くなり、いびきをかくこともあります。しかしこの場合、風邪の症状がおさまれば消えます。ふだんからいびきをかくのは、扁桃腺やアデノイドが大きめである場合が多く、寝ると筋肉の緊張が解けて、扁桃腺などが息の通り道を狭めたり塞いだりしてしまうために起こります。ひどいときには無呼吸になることもあります。肩枕をしたり姿勢を変えると息が通りやすくなり、いびきが聞こえなくなったり音が小さくなったりします。ご質問のお子さんは、顔を横に向けると聞こえなくなるそうですので、この姿勢をとるようにしてあげるとよいでしょう。呼吸が止まりそうだったり、いびきの音がひどくなってくるようなら、耳鼻科を受診されることをおすすめします。

 

 

夜泣きに悩まされています。

7ヶ月の娘の夜泣きがひどく、毎日夜中に4回くらい起こされて困っています。6ヶ月健診の時に、かかりつけの小児科の先生にも聞いてみたのですが、「夜泣きはしょうがない」みたいなことを言われてしまい、どうにもなりません。4ヶ月くらいの頃は、8時間くらい続けてずっと寝てくれたのですが、それから段々明け方に泣くようになり、1ヶ月ほど前から、連続で寝るのは長くて4時間くらいになってしまいました。寝相が悪くて布団から出てしまい、寒くて目が覚める時もあるみたいなのですが、布団に入ったまま泣く時もあります。寝る前にたくさんミルクをあげてみたり、昼間は近所のお家に遊びに行ったりベビーカーで散歩してみたりしているのですが、全然効きません。また、娘の起きている時間の限界が4~5時間なので、夕方4~5時に昼寝をさせて、それから頑張って9~10時まで寝かせないようにしています。そして最後にミルクをあげて寝かせるのですが、1時や3時に起きてしまいます。もうどうすればいいか分かりません。夫も私もぐったりしています。

 

A.

ごめんなさい。私も「夜泣きはしようがない」とまずお答えしてしまいます。ただ夜泣きは必ず終わる時期が来ます。短いと1ヶ月。長くても1歳くらいまでにはひどい状態は治まってきます。夜泣きを止めさせようとするのではなく、夜泣きとおつき合いするというように気持ちを切り替えることをお願いしたいと思います。夜泣きしたら、すぐ眠りにつく方法をとってください。ミルクをあげて寝るのならミルクをあげる、添い寝して落ち着くのなら添い寝するという具合に。夜泣きの真っ只中のママは本当に大変ですが、夜泣き終了のゴールはどのお子さんにも来ます。

 

 

夜ふかしの生活リズムで大丈夫?

10ヶ月の娘について質問します。生活リズムが半日ずれているため、なかなか3回食に進めなくて困っています。 わが家は2部屋に別れているものの、“ほぼ10畳程度のワンルーム”といってもいいような間取りで、大人が起きているかぎり音も光も遮断することができません。努力はしているものの、赤ちゃんが眠りやすい環境とは言えません。反対に、朝は主人が出勤してしまうと静かで薄暗い家なので、眠るのにとても快適な環境になってしまいます。親にとっては家事をするのに好都合なのですが、このままの状態をいつまでも続けていくのは、やはりよくないですよね。育児書などに書かれている生活のリズムのとり方などをいろいろ試しましたが、今のリズムがかなり定着してしまったのでなかなかうまく行かず、1ヶ月がたってしまいました。やはり、なんとしても修正したほうがよいのでしょうか。また、修正するにはどのようにしていけばよいでしょうか?

 

A.

早寝早起きの生活リズムは、早くからつけたほうがいいでしょう。生活リズムは離乳食を中心に整えていくとよいので、3回食にする今がチャンスです。まず生活リズムを、全体に1時間早くしてください。朝は早く起こすことからスタートし、お昼寝しすぎないようにしてあげると夜も眠くなってくるでしょう。最終的には、8時前には起きるようにしてあげることが大切です。今の時期から意識的に直していかないと、幼稚園で遅刻の常習犯になってしまいます。同様の質問を乳児健診(9ヶ月くらい)でよく受けるのですが、私はママにいつもこう答えています。「お母さん、夜間幼稚園はありませんよ」

 

 

保育園でお昼寝ができないのは、添い乳のせいでしょうか?

11ヶ月の子どものことで相談があります。10ヶ月のころから保育園に通わせていますが、家では添い乳で寝かせていたせいか、保育園では30分ぐらいしか昼寝ができません。仕事のない日は思いきり甘えさせてあげたいと思い、休日はつい添い乳をしてしまうのですが、やめたほうがいいのでしょうか?

 

A.

家ではお昼寝はたくさんしていましたか? お昼寝の嫌いなお子さんもいますので、家でもあまり寝ないのでしたら保育園のお昼寝は苦痛だと思います。保育園に行くようになってまだ1ヵ月くらいのようですから、保育園の生活リズムに慣れていないのだと思います。お子さんなりに緊張して眠りが浅いのではないでしょうか。じきに慣れてくると思います。休日は普段離れている分たっぷり甘えさせていただいてよいと思います。大好きなお母さんから離れている時間がたくさんになって、おっぱいの楽しみもなくなったら人生の喜びが減ってしまうでしょう。

 

(監修/三石 知左子先生

 

 

2015/07/15


この記事にいいね!しよう

いいね!
7

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。