6〜7カ月児健診でチェックすること

19

 

 

赤ちゃんの健診は、 母子保健法第12条及び第13条の規定により 市町村が乳幼児に対して行う健康診査です。乳幼児健診の目的は「乳幼児の病気の予防と早期発見、および健康の保持・健康の増進」となっています。赤ちゃんがすくすく成長していくためにも健診はしっかり受けましょう。

 

 

6〜7カ月児健診

おすわりの様子を主に診ます。発達に個人差が出てくるころ。歯が生え始めた赤ちゃんは歯のチェックも。離乳食の進み具合や寝返りの状態、人見知りをするかなどについて聞かれることも多いです。

 

具体的な内容(乳児健診共通で行う項目)

・身体測定(身長、体重、頭囲、胸囲)

・視覚・聴覚

・おなかの触診

・口の中の診察

・頭の大泉門(だいせんもん)の触診

・性器の診察

・問診

 

 

具体的な内容(6〜7カ月児健診で行う項目)

 

・寝返りの様子

あお向けにした状態から、寝返りを促して様子を見ます。できなくてもこの時期は大丈夫です。

 

・おすわりの様子

支えがなくておすわりができるかを確認。少しの間でもすわれればOK。

 

・神経、精神発達の様子

顔の上にかかったガーゼを取り除くことができるかというハンカチテストと呼ばれるテストをします。これは視界が塞がったことを不快に思い、その原因を取り除くことができるかを確認するものです。

 

・手指の発達

5本の指をつかってしっかりものをつかむことができるかを診ます。

 

・バランス感覚

おすわりの状態から、赤ちゃんを片方に押します。倒れないように手がつけるかがポイント

 

・股関節脱臼

両足をそろえたり、膝を曲げたりして脱臼の有無を確認。両足の長さが同じか、股の開き方がスムーズかなどを診ます。

 

・斜頸

首を触り、しこりやリンパ節の腫れがないかを確認。

 

 

この時期になると個人差が出てきます。できないからといって赤ちゃんや自分を責めることはしないで。できなかったことは練習するというよりも、毎日の遊びに取り入れるといいでしょう。おすわりが苦手なら、座ってする遊びをしたり、ハンカチをつかめなかった子は、ハンカチで遊んだり、ママも赤ちゃんも楽しみながらできることが大切です。

 

 

(監修/小枝達也先生)

監修者

医師 小枝 達也 先生

小児科 | 国立研究開発法人国立成育医療研究センターこころの診療部長


鳥取大学医学部脳神経小児科入局。小児神経科、小児科、新生児医療、神経内科、障害児医療の研修を積み、オランダ政府奨学生としてアムステルダムライ大学小児科へ留学。その後、鳥取大学医学部講師、助教授を経て、鳥取大学教育学部教授に就任。その後、鳥取大学地域学部教授、鳥取大学附属小学校長(併任)、鳥取大学地域学部附属子どもの発達・学習研究センター長(併任)を歴任し、平成27年3月鳥取大学退職。平成27年4月より国立研究開発法人国立成育医療研究センターこころの診療部長に就任。平成29年4月より副院長併任。


経歴

■主な経歴

1984年 鳥取大学医学部卒業
1996年 鳥取大学 脳神経小児科助教授
1998年 鳥取大学教育学部教授
2004年 鳥取大学 地域学部教授
2015年 国立成育医療研究センターこころの診療部長

      鳥取大学名誉教授
2017年 同上 副院長併任


2019/06/03


この記事にいいね!しよう

いいね!
19

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。