新生児期とはいつまで?新生児の特徴や期間を解説!

1

 

生まれたての赤ちゃんのことを新生児と言いますが、赤ちゃんは生まれてからの日数により、呼び方が変わるのをご存じですか?

では新生児期というのは、一体どのくらいの月齢のことを指すのでしょうか?まさに命の神秘とも言える新生児の期間を解説します。

【目次】

  • ・新生児期とは?
  • ・赤ちゃんが新生児期と呼ばれるのはいつまで?
  • ・新生児期の赤ちゃんの特徴
  • ・まとめ

 

 

新生児期とは?胎児から新生児へ、劇的な変化を遂げる時期

新生児と聞くと、生まれたての赤ちゃんというイメージがあります。

赤ちゃんは生まれてすぐ、胎外の環境に適応できるというわけではありません。

少しずつ時間をかけ、成長しながら体を慣らして行くのです。

新生児期とは簡単に言うと、産まれたばかりの特別な期間のことを言います。

 

医学的にも、新生児の事を学ぶ「新生児学」というものがあり、医療の分野に於いても新生児科が設けられています。

それだけ新生児は特別な存在であり、専門的なケアが必要な時期でもあるのです。

 

 

赤ちゃんが新生児期と呼ばれるのはいつまで?

新生児期の定義ですが、世界保健機構(WHO)が定める新生児期は、生後28日未満の赤ちゃんとされています。

出産により生まれた日を“日齢0”と数え、新生児の期間は早期と後期に分けることが可能です。

 

日齢7までの期間を「早期新生児期」といい、お母さんの胎外での生活に適応する期間と言われており、基本的には産院などで看護を受ける時期とされています。

残りの日齢7以降から日齢27までの期間が「後期新生児期」となります。

2017/06/28

この記事にいいね!しよう

いいね!
1

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。