姉妹が仲良くするための導き方は?

3歳、1歳、2ヶ月の娘がいます。相談にのっていただきたいのは、3歳の長女のことです。長女は、以前から次女の持っているものを取り上げたり、気に入らないことがあると叩いたりしていました。その行動が、三女が産まれてからますますひどくなりました。
最近では、次女も「自我」が出てきたせいか、持っているものを長女が取ろうとすると抵抗します。それが気に入らないらしく、おもちゃを投げたり、危ないものを持ったまま追いかけ回したりします。奇声をあげたりして、ヒステリックな感じです。
次女を叩いたときの理由は必ず聞くのですが、とんちんかんな答えばかりです。上のような行動があまりにも連続するときには、私もイライラしてしかりつけてしまします。
危ないことをしたときは本気でしかりますが、長女が私の気を引きたいのが分かるので、日常生活ではなるべく長女のありのままを受け止め、甘えさせることを心がけているつもりです。
主人に長女のこういった行動について話すと、「(長女は)わがままだ。もっと厳しくしたら」と言われました。長女も次女もいま赤ちゃん返りしていて、長女は夜泣きしたり、食事を食べさせてほしいと甘えたりするのです。しかし、食事を食べさせるのも主人は「甘やかしだ」と言うのです。私は甘えさせることは大切だと思っていて、「食べさせてほしい」という要求に応えていたのですが、これが甘やかしなのでしょうか?
主人は甘えを許さない人なので、私の育児にも批判的です。子どもの話をするときにはいつも厳しい言葉が返ってくるので、あまり話したくなくなっています。本人は「批判しているつもりはない。そんな風に受け取る自分が悪い」と言いますが、主人に話して厳しいことを言われると、一生懸命やっているのに否定されたようで辛くなります。
「甘やかし」と「甘えさせること」の境界を教えてください。姉妹が仲良くするために、どのように導いていけばよいのでしょうか? 周りの兄弟姉妹の話を聞いても、うちの長女のように下の子をいじめるということはないようです。長女が問題行動をするたびに、今までの私の育児が間違っていたのではないかと涙が止まらず、夜も眠れません。どうかアドバイスをお願いします。
 

3人のお子さんの子育ては、忙しいでしょうね。しかも3歳、1歳、2ヶ月では、お母さん自身も余裕がないでしょう。1歳のお子さんは、まだ十分に歩けないでしょうし、2ヶ月の赤ちゃんは、夜中も授乳しなければなりませんね。
そんな状況では、長女の赤ちゃん返りまでなかなか配慮できないものですが、あなたはきちんと考えて行動しているようですね。とても関心しました。もっと、ご自分に自信を持っていいのではないでしょうか。
“甘え”は、そのときに必要な子どもの欲求です。大変だと思いますが、なるべく付き合ってあげてください。子どもの欲求に応じて、一緒に遊んだりみんなで散歩をしたり、ゆったりと過ごす時間も大事です。“甘やかし”は、大人の都合で子どもに応じてしまうことです。理不尽なことでも、「やってあげれば、泣き止むから」と聞き入れてしまうことです。
“甘え”と“甘やかし”の違いについて、ご主人とじっくり話し合ってみましょう。また、ときには、長女とパパが2人で過ごす時間を作ってみてください。そうすれば、ご主人も、長女の気持ちが分かるようになるのではないでしょうか。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)