アメリカ流の寝かし付け方法でいいの?

現在、アメリカに住んでいます。息子(もうすぐ2歳)は、8ヶ月から自分の部屋でベビーベッドで寝かせていますが、寝付くまでは、ベッドの側にいてあげる方がいいのでしょうか? 寝る前には、絵本を読んだりしてしばらく一緒にいるのですが、そのまま「おやすみ」とベッドに入れて部屋を出ようとすると、「ママ、ママ」と呼びます。しかし、心を鬼にして部屋を出ています。
こちらの育児書では、「泣かせておけ」と書かれているものが多いのですが、寝付くまで側にいてあげた方がいいのか、ある程度までで切り上げて自分で寝付くように仕向けた方がいいのか迷っています。「ママー」と泣いても、たいてい5分もすれば寝てしまうのですが…。ご指導いただけると、大変心強いです。
 

米国には添い寝の習慣がないので、たいていの育児書には「泣かせておけ」と書かれていると思います。8ヶ月から今のやり方を続けているのでしたら、お子さんは寂しくても諦めているのでしょうね。
しかし近年、米国の小児科医であるシアーズ博士が日本流の子育てを推奨し、乳幼児には添い寝が大事だと伝えています。情緒(感情)の豊かな発達は、乳幼児期に親に充分に保護され、安心感を持てたかどうかによって決まるからです。そのため、シアーズ博士は添い寝を始めとしたスキンシップの重要さを指摘しています。キッスも親子のよいスキンシップ方法であり、欧米の親子はたくさんキッスをしていますね。でも添い寝には、もっと全身で感じられるような安心感があります。
添い寝も、小学生近くになると子どもから嫌がるようになります。現在のやり方で心配があるようでしたら、「眠るまで、ママが一緒にいた方がいいの?」「おやすみのキッスをしたら、一人でいる方がいい?」と、お子さんに聞いてみてください。お子さんが理解できなくても、ぜひ分かるように聞いてみてくださいね。

質問に対する答えは、あくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール

植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。

このQ&Aにいいね!しよう

現在ログインしていません。

ベビーカレンダー監修者はこちら

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)