上の子が下の子を叩くのが許せません

5
育児のQ&A

上の子が下の子を叩くのが許せません

2歳2ヶ月の子と1歳になったばかりの子がいます。上の子は、何か気に入らないことがあると下の子を叩いたり、私を叩いたりします。
私を叩くのはまだ我慢できますが、下の子を叩いたり、押し倒したりするのがどうしても我慢できません。そのときは、私も感情的になって上の子を叩いてしてしまうことが時々あります。
子どもを叩くのは良くないと、分かっています。叩けば私の真似をして、また下の子を叩くでしょう。悪循環なのはよく分かっているのですが、どうしても上の子が下の子を叩く行為を許すことができないのです。
楽しく遊んでいても、上の子が下の子を叩くたびに嫌な気持ちになり、上の子をきつく叱ってしまいます。こんな自分が、嫌で仕方ありません。こういうときには、どうしたらいいのでしょうか?

 

年子に近い年齢差のきょうだいは、お互いによきけんか相手であり、友達のようなものです。したがって、きょうだいのケンカは、あまり深刻に考えなくてもいいのです。ただし注意したいのは、今、上のお子さんは自我の主張がはっきりと出てくる年頃だということです。
特に、おもちゃの取り合いの場面でのケンカが多いのではありませんか? 2歳くらいの子は、自分の物に触られたり、取られたりするととても苛立ちます。しかも、自分は「ダメ!」と言葉で制しているのに、弟(妹)が理解できないので、手が出てしまうのでしょう。
普段、上のお子さんには、「自分のものは自分のもの、他人のものも自分のもの」という一見わがままな行動がよく見られませんか? また、親の真似をすることが多くありませんか?
これらは、「自分の中にすべてを取り入れたい」という欲求による行動です。「他人のもの」を「自分のもの」として取り入れることができ、それに満足したときに、初めて「他人に与える」という行動を始めることができます。これが「自立」の出発です。
この自立を促すには、親が子どもの持っている物を「貸して」とか「くださいな」と言って遊びながら、与える喜びを表現させてあげることです。
貸してくれたら、すかさず「ありがとう」と言ってなでてあげ、「うれしい」と素直に気持ちを伝え返すといいでしょう。
上のお子さんが真剣に遊んでいるときに、下のお子さんが邪魔をしたら、下のお子さんの方を離すようにしましょう。そして、お母さんが上のお子さんと2人で向き合って、遊びながら自立を促す時間をつくることが大切です。

質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。

監修者プロフィール


植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。

このQ&Aにいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。