【医師監修】無痛分娩・和痛分娩の違いとは

8

無痛分娩と和痛分娩には、医学的に明確な取り決めはありません。

どちらも、分娩時の痛みを和らげる目的でおこなわれます。一般的には、痛みを残す度合いによって区別されることが多いようです。

同じ硬膜外麻酔を使う分娩でも、ある産院では「和痛分娩」と読んでいたり、他の産院では「無痛分娩」と呼んでいるところもあります。

名前にとらわれず、内容を詳しく聞いてみることが大切です。

そして無痛も和痛も、まったく痛みを感じない出産というわけれはありません。あくまで痛みを和らげ、恐怖心や緊張から解放されることで、お産の流れをスムーズにします。

 

硬膜外麻酔

現在、無痛・和痛分娩でもっとも一般的に利用するのが硬膜外麻酔です。

この麻酔はママや赤ちゃんに影響を及ぼすことはほぼありません。

陣痛の痛みだけを取り除くことができ、ママの意識はしっかりしたまま出産をすることができます。

また、緊急帝王切開になった場合に、そのまま対応できるというメリットもあります。

一方で、陣痛が弱くなる傾向もあります。陣痛が始まる前から麻酔をかける場合と、ある程度お産が進行してから麻酔をかける場合があります。

詳しくは産院によって違いますので、説明をしっかり聞きましょう。

 

硬膜外麻酔の特徴

・背中からピアノ線のような細くてやわらかなチューブを挿入するので足は動くことが多いです

・麻酔は腹巻のように部分的に効きます

・痛みが出たら薬を追加できます

 

多くの場合は計画分娩となり、陣痛促進剤を使用することがほとんどです。吸引分娩や帝王切開になる確率が高いという報告もあります。

 

(監修/池谷美樹先生)

 

 

 

 

◆関連動画 出産ドキュメンタリー

 

 

 

監修者

医師 池谷 美樹 先生

産婦人科 | 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務、東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、博士号取得、国立成育医療研究センター周産期診療部勤務、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長。


経歴

■主な経歴

平成6年 岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務

平成14年 東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、

平成20年 博士号取得

平成21年 国立成育医療研究センター周産期診療部勤務

平成24年 日本赤十字社医療センター産婦人科勤務

平成28年4月 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


2019/06/04


この記事にいいね!しよう

いいね!
8

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。