会陰切開とは? 会陰切開に伴う痛みへの対処法について

この記事の監修者

医師浅川 恭行 先生
産婦人科 | 医療法人 晧慈会 浅川産婦人科 理事長

1993年 東邦大学医学部卒業、1999年 東邦大学大学院医学研究科博士課程修了。浅川産婦人科の院長を務めるほか、日本産婦人科医会 幹事、東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科学講座 客員講師、鶴見大学歯学部 産婦人科学講座 非常勤講師として活躍。

ラミナリアのイメージ

 

妊娠を機に、初めて「会陰切開」という言葉を聞いたという方も少なくないのではないでしょうか? そこで今回は、会陰切開について詳しく解説いたします。

 

 

会陰切開とは?

会陰は腟と肛門の間とその周辺の部分を指します。出産のとき、特に赤ちゃんの頭が出る瞬間に、会陰の中心部分に強い圧がかかるため、必要に応じて会陰の中心部分にあたる腟口と肛門の間の皮膚に切れ目を入れる医療処置をおこないますが、これを会陰切開といいます。

 

会陰切開は、以下のような状況のときに医師の判断によりおこなわれます。

 

【会陰切開がおこなわれる状況】
1.会陰が硬く伸びにくいために、赤ちゃんの頭が出るまでに時間がかかりそうなとき
2.赤ちゃんが大きく、赤ちゃんの頭が出るまでに時間がかかり、赤ちゃんやママに負担がかかりそうなとき
3.赤ちゃんが産道をスムーズに通れない体勢になってしまい、赤ちゃんの頭が出るまでに時間がかかり、赤ちゃんやママに負担がかかりそうなとき
4.生まれてくる赤ちゃんが早産児だったり、何らかの病気があったりして、なるべく赤ちゃんの頭に負担をかけずに産ませたほうがよいと判断される場合
5.吸引分娩や鉗子分娩、骨盤位(逆子)で分娩をする際に、会陰切開が必要と判断されたとき


赤ちゃんの頭や肩、足が会陰を通過するときに自然に切れてしまうことを会陰裂傷といいます。会陰裂傷や頸管裂傷の程度を軽くするために会陰切開をおこなうことがあります。

 

 

会陰切開に伴う痛みについて

会陰切開をするかどうかということも気になりますが、やはり会陰切開に伴う痛みも気になるのではないでしょうか? ここではそれぞれのタイミングでの痛みについてお話しします。

 

会陰切開をおこなう瞬間の痛み

会陰切開をおこなうタイミングは、まさに赤ちゃんの頭が出ようとしている瞬間で、ママが下腹部に力を入れるために集中している状態のときです。医師が分娩の進み具合を見ながら、会陰切開が必要かどうかを判断します。

 

会陰切開をおこなう直前に、会陰部へ局所麻酔を注射します。その後、陣痛が来てママがいきむタイミングに合わせて切開を入れます。実際に会陰切開を受けた経験談では「陣痛のほうがつらくて早く(会陰を)切ってほしいと思った」「いつ切られたのか気づかなかった」など、感想はさまざまです。

 

会陰切開した部分を縫うときの痛み

無事に赤ちゃんが誕生し、胎盤や卵膜が出た後に、医師が会陰切開をした部分を縫合します。このとき、痛みが強い場合や傷を縫うのに時間がかかると予測される場合は局所麻酔を追加することもあります。会陰切開の傷を縫うときには、切った部分が治る過程で体内に吸収される糸を使用するケースが多いです。縫合時や抜糸をおこなうときの痛みは、痛かったという人もいればあまり気にならなかった人もいるなど、感じ方には個人差があります。

 

産後に感じる縫った部分の痛み

会陰切開や会陰裂傷の程度によって、産後に感じる痛みの程度は人それぞれです。特に初めて出産をされた方にとっては経験のない痛みであるため、会陰部の痛みや違和感に意識が集中してしまったり、どのような動きをするときに痛みが増すのか予測ができるまで時間がかかるかもしれません。産後は、抱っこや授乳など座って過ごす時間が長かったり、赤ちゃんを抱っこしたまま立ったり座ったりを繰り返す動作が日常的となるため、順調に治っていても、会陰部の痛みや違和感がなかなか消えないという人もいます。

 

 

会陰部の痛みや違和感への対処方法

個人差はありますが、会陰切開後の傷の痛みや傷を縫ったことによる違和感はあるものです。痛みや違和感が強い場合は以下のような対処法があるので参考にしてみてください。

 

1)医師や助産師へ相談する
縫い目がきつく引きつる感覚がある、ジンジンする、チクチクするなど痛みや違和感があるときは、抜糸することで改善することもありますし、痛みが強い場合は鎮痛剤を処方してもらえるので医師や助産師に相談しましょう。

 

2)縫った部分を清潔に保つ
産後はしばらく悪露が出るため、産褥パッド(産後用のナプキン)を使用しますが、会陰の部分が蒸れやすく、縫合した創部が不衛生になりやすい状況です。トイレへ行ったら産褥パッドを交換して、縫った部分の清潔を保ちましょう。

 

3)縫った部分を刺激しない
縫った部分に、勢いよく流れるシャワーや温水洗浄便座の温水を直接当てないようにしましょう。産後間もない時期は、わずかな水しぶきも刺激となり、痛みを感じることがあります。

 

4)円座を使用する
座るときは円座を使用して、会陰部分の圧迫を避けましょう。産後間もない時期で、入手できない場合は、大きなバスタオルをドーナツ型にして代用してもよいでしょう。入院期間中、円座を貸してくれる産院もあります。

 

5)痛み以外の症状を伴うときは早めに相談する
会陰切開の後は、痛みに注目しがちですが、分娩によって会陰がダメージを受けたことが原因となって、尿漏れや便失禁、おならが出やすいなどの症状が起こることがあります。これらの症状は会陰切開の有無に関わらず起こりやすい産後のトラブルですので、日常生活に支障を来す場合は、早めに医師や助産師に相談しましょう。

 

 

まとめ

会陰切開を受けた後の痛みや違和感は、我慢するものと思われがちですが、産んだばかりの赤ちゃんのお世話が始まり、睡眠不足や疲労感があると、さらに痛みを感じやすくなります。気になることがあれば医師や助産師へ相談しましょう。

 

参考:

産婦人科診療ガイドライン産科編2017 
エビデンスに基づく助産ガイドライン妊娠・分娩期2016 日本助産学会 
最新産科学 正常編 著:荒木勤 文光堂
最新産科学 異常編 著:荒木勤 文光堂
女性の骨盤 著:ブランディーヌ カレージェルマン メディカルプレス

 

 

◆関連動画 出産ドキュメンタリー

 

 

 

 

 

◆出産に関するQ&A

 

◆出産の体験談

私は自然分娩で2人産んでいますが、どちらも5時間・4時間と安産でした。1人目は妊娠39週の健診に行ったところ、子宮口が3.5cm開き、モニターでも張りがガンガンきていたのでそのまま入院。そのときはモニターの用紙を見た助産師さんに「痛くないの?」って聞かれ、言われてみればなんとなく下腹部が重痛い?ぐらいで、まだ全然走れる感じでした。

 

17時過ぎに入院して多少は痛いけど間に眠れる、食べられる、笑顔で喋れるぐらい。21時に抗生物質の点滴をしに呼び出しのあった分娩室へ小走りで移動、点滴を開始して少ししたら急にいきみが来だし、22時には生まれました。

 

2人目は切迫早産で入院していて、退院時も5分間隔での張りが常にあったので、張りの間隔はあてにならず、とにかく張り+痛み・出血・破水のいずれかがあったらすぐ病院へ! と言われていました。妊娠36週過ぎに退院し、「赤ちゃんが小さめだし妊娠37週までは張り止めを飲んで安静に」との指示だったので、実家で大人しくしていました。

 

妊娠37週2日の早朝から張りに加えて軽い痛みが出たので病院へ。7時ごろ病院に到着、内診すると子宮口が5cm以上開いていて助産師さんがびっくり! 大慌てで準備を始めていましたが、陣痛も合間に笑ってお喋りできるくらい。10時過ぎにいきみが来だし、あっと言う間に生まれました。

 

どちらも陣痛自体は耐えられる感じでしたが、急にいきみが来だすので、心の準備がついていかずキツかったです。今3人目妊娠中ですが、無痛分娩する予定。麻酔が間に合うかドキドキです。

cowboyママ さん

1人目

切迫流・早産で寝たきり生活でしたが、生まれたのは出産予定日4日後。生理痛が酷かったから陣痛が来ても半信半疑ではっきりわからず……。前日夜におしるしがあったため、病院に電話して行ったほうが良いか聞いてみました。電話の声を聞いた助産師さんが「普通に会話できてるからまだかな? 午後の健診時間においで」とアドバイスしてくれたので、午後の健診に行って呑気に血圧体重……と測ったら血圧が凄く高い! 変だなーと思いながら普通にNSTをしていたら看護師さんが走ってきて「内診すぐ入って!」と。

 

そしたら「子宮口8cm、陣痛来ているよ!」と! 立ち会い希望だったし夫に電話を……と携帯出したら「そんなことは付き添いのお母さんにしてもらって! 生まれちゃうよ!」と看護師さん。

 

結局15時に病院入って、普通の健診の順番待ちして、16時前に分娩台に誘導されて40分には産声でビックリでした。

 

2人目

つわりが酷くて1カ月早めに仕事を切り上げて里帰りしました。里帰り先の病院で初健診の日に「子宮口が1cm開いてるから安静に」と言われたけど、1カ月も早く実家に帰って来たから負担を少しでもかけたくなくてお風呂と洗濯以外は自分でやっていました。

 

1週間後、先生から「今日、明日生まれるかもというくらいまで進んでしまっている。頭触れるくらいよ!」と……。まだ9カ月に入ったばかり。それでも親に仕事休んでもらうとか負担をかけたくなくて、夫に子どもを連れて帰ってもらいました。延長保育に毎日コンビニおにぎり生活、夫も大変だったと思いますが……。

 

子どもが横にいると私の性格上どうしても安静にしていられないので、結果的にはよかったのかな? でも2週間後に胎児心拍が不安定になることが続いて妊娠36週になった瞬間に出すことに……。子宮口は3cm開いていました。早産児でしたが、自力呼吸もできて一緒に退院となったのでよかったです。

 

3人目

只今妊娠30週ですが、子宮口が既に1cm開いていて安静……。来週進み具合を見て入院かどうか決めるそうです。安静にしたいけど、子どもが2人いて保育園は退園になっていて預け先もなくて日中は子ども2人をみてしまっています……。ウテメリンを飲んでいますが、張るたびにドキドキです。

きゃね さん

1人目:早朝ちょろちょろ破水→午後陣痛促進剤服用→夕方出産。(陣痛~出産7時間)

2人目:夜中おしるしと共に陣痛開始。3時間後、出産。

3人目:2日前から前駆陣痛。当日、早朝に陣痛開始。2時間30分後、出産。

……と、3人とも始まりがバラバラ。今回の4人目は、どうなるんだろう。

6U さん

 

その他の出産の体験談

 

◆出産について助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。会員登録は不要です。

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

出産に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る

お子さまの写真
投稿で当たる🎁

ココをタップして
︎詳細を確認▶