基礎知識〜専門家が監修!妊娠・出産・育児のこと〜

出産コラム一覧

58件
  • 【助産師監修】後陣痛はいつまで続く?痛みの原因と和らげる方法や注意事項について

    【助産師監修】出産が終わって、ほっとしたところにやってくる後陣痛。その痛みの程度は激痛を感じる方やチクチクと感じる程度の方など、人によってさまざまです。ではどういう場合に後陣痛の痛みが強くなるのか、また痛みの原因は何か、その緩和方法や注意すべきことなどを紹介していきます。

  • 【助産師監修】吸引分娩の費用や保険適用の条件について

    【助産師監修】吸引分娩は、出産時、異常事態が発生した際にお母さんと赤ちゃんの生命を守る為に行われる急速遂娩という処置のうちの一つです。今回は吸引分娩について説明します。

  • 【助産師監修】カンガルーケアの効果は? 危険なの? メリット・デメリットと注意点について

    【助産師監修】近年、日本でも広まりを見せている「カンガルーケア」ですが、赤ちゃんの健康にトラブルが出る例もあり、賛否両論の声が上がっています。今回は、カンガルーケアとはどのようなものなのか、安全にカンガルーケアをするためのポイントについて紹介します。

  • 【助産師監修】立ち会い出産のメリット・デメリット、準備や後悔しないための心構えは?

    【助産師監修】陣痛が始まり赤ちゃんがいよいよ生まれるという大事なときに、立ち会い出産を希望する人は多いです。でもそのときに何をしていいかわからず、戸惑うご主人もいるのではないでしょうか? 今回は立ち会い出産について夫はどんなことをし、それにはどういったメリットやデメリットがあるのかを紹介していきます。

  • 【助産師監修】帝王切開の費用はどのくらい?医療保険や高額医療費制度の利用について

    【助産師監修】出産は病気と定義されていないため、自由診療となり治療費の全てが自己負担となります。しかし、帝王切開の場合は異常分娩とみなされ、手術や薬代、検査、入院などが医療保険の適応となり、3割負担となります。しかし出産する施設によって費用は異なるため、出産育児一時金を差し引いても支払いは大きな負担となります。今回は、帝王切開で実際にかかる平均の費用と、高額医療費制度の利用方法や医療保険の給付金など、帝王切開に関わる費用について解説します。

  • 【助産師監修】破水とは何? 破水の種類や見分け方、対処方法について

    【助産師監修】出産が進むと陣痛と破水があります。しかし破水にはいくつか種類があり、その状況に合わせた対応が必要となります。今回は、破水とは何か、破水の種類(分類)、破水の症状や見分け方、破水時の対処方法などについてご紹介します。

  • 【助産師監修】おしるしとは? 色や量、陣痛までの流れとおしるしが来たときの対応について

    【専門家監修】出産間近のサインといわれているおしるしとは何か、おしるしのメカニズムや色や量、おしるしが来たときの対処方法や初産婦と経産婦での状態の違い、気を付けなければいけないことについて解説します。

  • 立ち会い出産の体験談

    立ち会い出産の体験談をまとめたページです。第一子、第二子ともに立ち会いでした。第一子のときはお互い何も解らずで、あまり手伝ってもらった記憶もないのですが、第二子は、思いの外早い分娩の進行に慌てることもなく、助産師さんの指示でテキパキ動いてくれました。また、夫への指示がとても素敵な助産師さんで、少しだけ先回りの指示に、のんびり夫もタイミングよく腰を押してくれたり、手を握ってくれたり。本当に頼もしい存在でした。

  • 【医師監修】予定帝王切開って何? 手術、退院までの流れを解説

    妊娠週数が進んで帝王切開で出産する可能性がでてきた妊婦さんのために、今回は予定帝王切開についてお話しします。

  • 母子同室の体験談

    母子同室の体験談をまとめたページです。産んだその日から母子同室でした。母乳のあげ方やおむつの替え方もチャチャッと教えてもらって、「はい、あとは頑張ってねー!」という感じでしたので今思うとスパルタだったなと。 その代わり、その日から新生児を堪能でき、最初からお世話することで、退院後の生活に自信がつきました。

  • 【医師監修】おしるしとは?

    おしるしについて産婦人科医師が解説します。出産の兆候として、子宮口から出る血液が混じったおりもののことを言います。予定日が近くなると、赤ちゃんを包む卵膜と子宮壁がずれ、そこから少量の出血が起こります。おしるしには個人差があり、鮮血やピンク色、茶色っぽいという人も。

  • 【医師監修】会陰(えいん)切開

    会陰とは、腟口から肛門までの間とその周囲の周囲のこと。赤ちゃんが出てくるときに、必要に応じて数cmほど切る医療処置を会陰切開と言います。

  • 【医師監修】経腟分娩の種類とスタイル

    経腟分娩と言っても、痛みの逃し方や体勢は多様化しています。自分にあった出産方法ができるようにしておきましょう。

  • 【医師監修】陣痛促進剤を使うケースとは? どう使われるの?

    陣痛促進薬には、まだ陣痛が始まっていないときに陣痛を誘発するために使用する場合と、弱い陣痛を促進するために使用する場合の2パターンがあります。陣痛促進剤は、医師の監視の下、慎重に使用します。量がコントロールできる点滴でおこなうことが主流になっています。分娩監視装置で、陣痛の状態や赤ちゃんの心拍を確認しながら陣痛促進剤の量を調節していきます。

  • 【医師監修】帝王切開の種類と帝王切開をおこなうケースとは?

    帝王切開とは、産道を通って腟から赤ちゃんを取り出すのではなく、ママのおなかを切開して赤ちゃんを取り出す出産方法を言います。 帝王切開には予定帝王切開と緊急帝王切開の2種類があり、予定帝王切開は逆子や、多胎で下の児が逆子、胎盤の異常など、妊娠中に経腟分娩での出産が難しいと判断されたときにおこないます。 緊急帝王切開は、妊娠中や分娩中にママもしくは赤ちゃんになんらかのトラブルが起き、一刻も早く赤ちゃんを取り出す必要があるときにおこなわれます。誰にでも起こる可能性はありますので、事前に理解をしておきましょう。

  • 【医師監修】帝王切開の流れ

    帝王切開の流れについて産婦人科医がわかりやすく解説します。

  • 【医師監修】無痛分娩・和痛分娩の違いとは

    無痛分娩と和痛分娩には、医学的に明確な取り決めはありません。 どちらも、分娩時の痛みを和らげる目的でおこなわれます。一般的には、痛みを残す度合いによって区別されることが多いようです。 同じ硬膜外麻酔を使う分娩でも、ある産院では「和痛分娩」と読んでいたり、他の産院では「無痛分娩」と呼んでいるところもあります。 名前にとらわれず、内容を詳しく聞いてみることが大切です。 そして無痛も和痛も、まったく痛みを感じない出産というわけれはありません。あくまで痛みを和らげ、恐怖心や緊張から解放されることで、お産の流れをスムーズにします。

  • 【医師監修】立ち会い出産はどうするの? したほうがいい?

    さまざまな出産方法のなかでも、夫婦での話し合いが必要な立ち会い出産。ここでは立ち会い出産の基礎知識を紹介します。

  • おしるしの体験談

    おしるしの体験談をまとめたページです。入院中、前日の内診では予定日を5日も過ぎているのに、まだ開いてこないねー、なんて言いながら「のんびり屋さんなんだなー」なんて呑気に思っていたらおしるしがあってビックリ!! でもおしるしがあってからすぐには出産にならないよなーと思ってたら、まさかの2時間後には陣痛開始。8時間くらいで出てきてくれて、安産だったと助産師さんに言われました。

  • 帝王切開の体験談

    妊娠中期~後期の健診でベビーの頭が大きいと言われていて、このままだと帝王切開になるかも……と。妊娠37週ごろ、骨盤のレントゲンを撮ったところ問題なく、自然分娩で産めるだろうということに。 妊娠39週0日の朝、おしるし+高位破水で入院に。おなかの張りがある程度だったけど陣痛室で過ごし、午後から本格的に陣痛開始。終わりの見えない激痛に気が狂いそうだった。10時間程耐えたところで医者たちがバタバタしだして、オペになるかも……と。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。