基礎知識〜専門家が監修!妊娠・出産・育児のこと〜

出産コラム一覧

48件
  • おしるしとは?色や量、陣痛までの流れとおしるしがきた時の対応について

    【専門家監修】出産間近のサインといわれているおしるしとは何か、おしるしのメカニズムや色や量、おしるしが来た時の対処方法や初産と経産婦での状態の違い、気を付けなければいけないことについて解説します。

  • カンガルーケアの効果は?危険なの?メリット・デメリットと注意点について

    【助産師監修】カンガルーケアは、NICU(新生児集中治療室)にいる赤ちゃんとの母子関係を改善することを目的に取り入れられるようになりましたが、現在では、正期産である妊娠37週以上で生まれた赤ちゃんのケアとして取り入れられています。今回はカンガルーケアの効果(メリット)とカンガルーケアが危険かどうか(デメリット)について解説します。

  • 【医師監修】緊急帝王切開とは?流れや費用、赤ちゃんへの影響について

    【医師監修】帝王切開術(以下帝王切開)には、出産する前から帝王切開で分娩することが決まっている予定帝王切開とお母さんもしくはお腹の赤ちゃんの健康状態や分娩の進行に問題が起きたために分娩となる、緊急帝王切開があります。経膣分娩で出産予定だった方は、急に帝王切開が決まると不安が大きいですよね。出産前に緊急帝王切開になることも想定して、知っておくと安心だと思います。今回は、緊急帝王切開となるケースや費用、赤ちゃんへの影響についてお話ししていきます。

  • 産褥体操の目的や効果とは?寝ながらできる産褥体操の方法を解説

    【専門家監修】産褥期(分娩後6~8週ぐらいまで)はママのからだが回復に向かっていく時期ですが、適度な運動も必要です。その時に行う運動に産褥体操があります。ここでは産褥体操の目的と始めるタイミング、実際の体操の方法をイラストで紹介します。

  • 産褥期とは?産褥期の過ごし方やトラブル、注意点について

    【助産師監修】出産直後のママの体は「産褥期」と呼ばれる時期に突入します。実はこの時期の過ごし方によって、その後の体調が大きく左右されることがあるのです。今回はママにとって大切な「産褥期」の過ごし方や注意点などについてご紹介します。

  • 産後に起こる産褥熱とは?原因や症状、治療方法と予防法について

    【助産師監修】妊娠・出産のために大きく変化したママのからだ。出産後は、赤ちゃんのお世話も加わり、身体的にも精神的にも大きな変化が生じます。そのため、ママのからだにトラブルをきたしやすい時期ともいえます。今回は、主な産後の異常のひとつ、「産褥熱」についてお話ししたいと思います。

  • 帝王切開の費用はどのくらい?医療保険や高額医療費制度の利用について

    【助産師監修】出産は病気と定義されていないため、自由診療となり治療費の全てが自己負担となります。しかし、帝王切開の場合は異常分娩とみなされ、手術や薬代、検査、入院などが医療保険の適応となり、3割負担となります。しかし出産する施設によって費用は異なるため、出産育児一時金を差し引いても支払いは大きな負担となります。今回は、帝王切開で実際にかかる平均の費用と、高額医療費制度の利用方法や医療保険の給付金など、帝王切開に関わる費用について解説します。

  • 破水とは何?破水の種類や見分け方、対処方法について

    【専門家監修】出産が進むと陣痛と破水があります。しかし破水にはいくつか種類があり、その状況に合わせた対応が必要となります。今回は、破水とは何か、破水の種類(分類)、破水の症状や見分け方、破水時の対処方法などについてご紹介します。

  • 【医師監修】ラミナリアって何? 処置に伴う痛みや処置中の過ごし方について

    【医師監修】分娩誘発や流産の処置をおこなうとき、事前にラミナリアという素材を使って子宮頚管を広げる処置をすることがあります。今回はラミナリアの使用目的やラミナリア挿入後の過ごし方など処置を受ける前に、知っておいてほしい予備知識をまとめました。

  • 【医師監修】子宮収縮抑制剤マグセントとはどんな薬?副作用や影響は?

    【医師監修】マグセントは切迫早産と診断され、おなかの張りを抑えるために使われる薬です。マグセントの効果・作用と副作用による赤ちゃんへの影響はあるのか、他の薬との違いなどについて解説します。

  • 分娩費用と入院費用はいくら?出産にかかるトータル金額と内訳について

    【助産師監修】出産を控えたママにとって、分娩費用と入院費用は気になるポイントです。今回は、分娩費用と入院費用の相場、分娩費用と入院費用の内訳や分娩の方法、種類別費用など実際分娩にはトータルいくらかかるのか、準備しておくべき出産費用の金額について解説しています。その他、民間医療保険の適用の内容、そのほか分娩以外にかかる費用についても詳しくまとめています。

  • 出産時の呼吸法、ラマーズ法とは?

    【医師監修】出産時の呼吸法として「ラマーズ法」という言葉を聞いたことのある人は多いと思いますが、実際にどのようなものかわからないという人もいるのではないでしょうか。そこで今回はラマーズ法について、方法やメリット・デメリットをまとめました。

  • 過期産とは?過期産によって起こる問題と対応について

    【助産師監修】出産が予定日から2週間以上遅れてしまうと、過期産と呼ばれます。過期産は何かとリスクが増加すると言われているため、出産予定日を過ぎても生まれる兆候を感じないと、不安になってくる人もいるかもしれません。過度の不安やストレスは胎児や母体にも悪影響を及ぼしますので、過期産について知り、不安を取り除きましょう。

  • 会陰切開とは?会陰切開にともなう痛みや過ごし方について

    【医師監修】分娩も終盤に入り、いよいよ出産という時に行われる処置の一つが会陰切開です。できれば避けたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。しかし会陰切開には利点もあるのです。切開後の痛みや実際どんな手技なのか、抜糸はどうするのかなどなど疑問や不安がいっぱい。そんな会陰切開の疑問を解説しましょう。

  • 会陰切開は痛い?痛みはいつまで続く?会陰切開後の過ごし方と痛みを緩和する方法

    【医師監修】会陰切開とは出産の際に、腟と肛門の間である会陰(えいん)と呼ばれる部分を切開することを言います。必要に応じて局所麻酔をしてから、赤ちゃんの頭が出てくる直前に医師により行われる医療手技のことです。出産後は縫合する処置をしますが、痛みが長引く方もいるために出産後に心配されることの一つのようです。今回は、会陰切開をする理由、会陰切開時の痛みと痛みの続く期間、会陰切開後の過ごし方や抜糸後の痛みなどについて解説します。

  • 会陰裂傷とは?原因、予防法、起こったときの対処法について

    【医師監修】会陰裂傷とは、分娩時の腟と肛門の間の会陰と呼ばれる部分が避けることを言います。裂傷が深いと大出血を起こしたり、直腸や肛門も避けてしまうことがあります。今回は、会陰裂傷の原因や予防法、起こったときの処置の内容について解説します。

  • 出産のとき、子宮口はどのように開く?子宮口が開かないときは?

    【専門家監修】子宮口が10㎝開大したらいよいよ出産ということを母親学級などで耳にした方もいらっしゃるでしょう。ですが、子宮口がいつ、どのように開大していくか、ご存知でしょうか?分娩の経過とともに、子宮口の変化を知っておくと、赤ちゃんが生まれるまでどのくらいかイメージしやすくなるかもしれません。そこで今回は、子宮口の開き方や子宮口の開きが悪いときにおこなわれる対処法などについてご説明します。

  • 悪露(おろ)ってなに?産褥期の悪露の変化と対処法

    【専門家監修】初めての妊娠・出産では「悪露って何?」と思う人が多いかもしれません。悪露の状態を観察することは産後の子宮の回復状態を知る目安にもなります。ここでは悪露について、産褥期の変化や対処法、注意したい点について詳し解説していきます。

  • 出産後の骨盤矯正による効果とは?方法とおこなうタイミングについて

    【専門家監修】出産が終わり、次に気になるのは骨盤の歪みによる体の不調ではないでしょうか。骨盤の歪みを治すには骨盤矯正がよいといわれますが、名前は聞いたことがあるけど、詳しい方法はわからないという方が多いようです。また、骨盤矯正を行う期間や骨盤矯正の効果についても気になるでしょう。今回はそんな骨盤矯正について解説します。

  • 出産で子宮口が開く流れとは?子宮口が開かないときの対処法

    【専門家監修】出産は、陣痛にともなって子宮口が徐々に開いていき、赤ちゃんが生まれる時は子宮口は全開大となります。今回は、出産までの時間の経過ごとに子宮口の開きについて解説します。妊娠中に、子宮口が開く流れや出産の進み方について理解しておきましょう。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。