【助産師監修】分娩費用と入院費用はいくら? 出産にかかる金額の相場と内訳

19

分娩費用・入院費用イメージ

 

出産を控えたママにとって、赤ちゃんに会える日が待ち遠しい反面、どのくらいお金がかかるのかご心配なママもいるのではないでしょうか? ここでは、赤ちゃんを迎えるためにかかる金額とその内訳を解説します。

 

 

分娩費用と入院費用の相場

国民健康保険中央会によると、平成28年における正常分娩分の平均的な出産費用の全国平均は505,759円でした。これは分娩費用と入院費用を足した合計です。


既にご存知の方も多いかもしれませんが、国から「出産育児一時金」として42万円(産科医療補償制度に加入していない医療機関などで出産した場合は40.4万円)が支給されるため、これを差し引いた額が実際の自己負担額となります。
 
つまり、仮に出産費用が505,759円だとすると、自己負担額は85,759円です。

(出産費)505,759円 ー(出産育児一時金)42万円 =(自己負担額)85,759円
 
ですが、この金額はあくまで平均額です。出産する施設や出産方法、入院期間などによっても変わります。妊娠がわかり、産院選びをする際にあらかじめ確認しておくと安心です。

 

 

↑目次に戻る

 

 

出産費用の内訳

出産費用の内訳は次の通りです。
 
●分娩に関する費用
分娩料の平均は254,180円。分娩料とはお産の行為そのものにかかる費用です。分娩方法によって大きく異なるのがポイントです。
 
●入院に関する費用
入院に関係する項目として「入院料」と「室料差額」があります。

・入院料
入院日数と分娩場所によって費用に差が出やすい項目です。全体の平均は入院日数6日で112,726円です。これに対し、助産所のみでの集計結果では入院日数平均5日間で84,246円となっています。


・室料差額
室料差額とは、基本の入院料にプラスして発生する室料を指します。バス・トイレ付きや個室など、部屋のランクを上げると室料差額が増えます。
 
●赤ちゃんとママの処置にかかる費用
分娩と入院そのものにかかる費用とは別に、検査や処置の費用もかかります。

 

・新生児管理保育料
赤ちゃんに対する管理・保育にかかる費用です。

 

・検査・薬剤料
ママに対する検査代と薬代です。ママは退院までの間に何度か検査を受け、必要に応じて薬が処方されます。

 

・処置・手当料
医学的処置や乳房ケア、産褥指導などの費用です。乳房ケアとは授乳がスムーズにおこなえるように施される手当やマッサージなどです。
 
・産科医療補償制度
分娩に関連して重度脳性麻痺となった赤ちゃんとご家族の経済的負担を補償するとともに、脳性麻痺発症の原因分析をおこない、再発防止に役立つ情報を提供する制度です。加入は任意ですが、万が一、後天的な脳性麻痺にかかったら莫大な治療費がかるため、分娩施設から加入を求められます。


●その他の費用
文書料や産後に提供されるお祝い膳など、上記以外にかかる費用です。

 

 

 

↑目次に戻る

 

 

分娩の方法によって金額が変わる! 種類別費用

出産費用は分娩方法によっても変わります。
 
●自然分娩
自然分娩は麻酔や陣痛促進剤などを使用せずにおこなう出産方法です。基本的に健康保険は適用されず、自費診療扱いです。費用は40万~60万円が相場と言われています。

 
●帝王切開
帝王切開はメスを使っておなかと子宮を切開し、子宮から直接赤ちゃんを取り出す出産方法です。保険が適用される医療行為となり、予定帝王切開の場合、20,1400円となっています。しかし、緊急帝王切開や予定帝王切開でも多胎やその他のリスクを伴う場合は、金額が加算されます。帝王切開での出産となれば入院日数も増えますので、その分室料が追加されて出産費用が膨らみます。

 

●無痛分娩
無痛分娩とは、麻酔を使用して痛みを取り除く、あるいは軽減しておこなうお産です。無痛分娩の場合は麻酔を投与した後、自然分娩同様に出産します。医療機関によって費用にもバラつきがありますが、自然分娩の金額に麻酔代として10万円前後プラスされるケースが多いようです。そのほかに子宮の入口を広げる処置や陣痛促進剤を使うなどの医療行為が増える場合が多いので、その分の費用もプラスされます。

 

 

 

↑目次に戻る

民間医療保険の適用について

民間の医療保険に加入している人は、給付が受けられるかぜひチェックしたいところです。


●自然分娩への医療保険の適用
自然分娩は適用されないのが一般的です。ただし、会陰切開や吸引分娩・鉗子分娩の際に保険金が下りることもあります。

 

●帝王切開への医療保険の適用
医療行為である帝王切開の手術費用が給付対象になるケースが多く見られます。保険によって費用のほとんどがカバーされたという方もいます。

 

●無痛分娩への医療保険の適用
無痛分娩費用は一般的に給付対象ではありませんが、自然分娩と同様に、会陰切開など一部の費用が給付対象になるケースもあります。

 

保険商品によって給付の対象や金額が異なるため、詳しくは、ご加入の保険会社に問い合わせましょう。
 

 

 

↑目次に戻る

 

 

そのほか分娩以外にかかる費用について

出産にともなうその他の費用として、以下のようなものもチェックしておきましょう。
 
●入院時にかかるそのほかの費用
施設から入院時に持参するよう指示される物品や、入院中の消耗品などで実費請求される物があります。代表的なものとして以下が挙げられます。

 

<入院時に持参する物品>(新品を購入した場合の価格目安)
・骨盤ベルト:2,000~5,000円程度
・産褥ショーツ(2~3枚一組):1,000~3,000円程度

 

そのほか、育児用ミルクや母乳パッドなどを実費請求されることもあります。数百円~千円前後です。微々たる金額かもしれませんが、覚えておきましょう。
 

 

↑目次に戻る

 

 

分娩にはトータルいくらかかる? 準備しておくべき出産費用の金額は?

人によっては出産育児一時金や保険金でほとんどまかなえる場合もあります。前述の通り、出産費用の平均額から一時金を差し引いた額は約8.5万円です。しかし、入院中におこなった処置や薬代などが増えると10万円を超えますので、トータル10万円を最低ラインと見込んでおくのが賢明でしょう。
 
ただし、この金額を退院時に支払うには、出産育児一時金を直接支払いにすることを病院に申し込む必要があります。直接支払いにする場合は、事前に産院へ申し込むことを忘れないようにしましょう。直接支払いを利用しない場合は、後日加入している健康保険からお金を受け取ることになりますので、全額を退院時に支払います。退院前にだいたいの金額を医療事務の方に聞いてみると良いでしょう。
 
●予測不能なトラブルで50万円以上かかる場合も
自然分娩を希望していても、いざ分娩となるとお産がなかなか進まず、吸引分娩になったり緊急帝王切開になったりするというケースもあります。異常分娩になると処置や薬の使用などにかかる費用に加え、入院日数も増えることがあるので、その分出産費用もかさみます。

 

また、産院によっては、全室個室、豪華な食事・エステ付きというようなサービスをおこなっているところでは、出産費用が費用が100万円を超えることも。


不測の事態については、言い出したらキリがないことではありますが、いざというときに備えて多めにお金を準備しておきたいですね。

 

↑目次に戻る

 

まとめ

できる限り出産費用を安くすませたい……。そう考えるママも多いかもしれません。しかし、何が起こるか分からないのが出産です。備えあれば憂いなしという言葉もあります。これを機に夫婦でお金のことについて話し合うのもよいでしょう。
資金は早め早めに準備して、安心してお産を迎えましょう!
 

参考:

※1:統計情報 出産費用 平成28年度|国民健康保険中央会

 

↑目次に戻る

 

 

 

 

◆関連動画 出産ドキュメンタリー

 

 

 

◆出産の疑問・心配(出産)に関するQ&A

 

↑目次に戻る

 

 

◆出産準備の体験談

初めての出産で張り切って準備しましたが、成功・失敗いろいろです。実際買ったけどイマイチだったものは、赤ちゃん用洗濯ハンガー(干し方を気をつければ大人と一緒でいけます)、ママバック(でか過ぎた。ちょっとのおでかけなら今はリュックで、パパとでかけるときはパパに背負ってもらいます)。

 

逆に買ってよかったのは、お尻拭きウォーマーですね。寒いときに生まれたので、冷たいお尻拭きでギャン泣きされることもないですし、うんち汚れもよくとれるから、夏でも使っています。 赤ちゃん用品が割と手に入りやすいのなら、生まれてから必要に応じて買っても大丈夫ですよ。

ざべママ さん

安定期に入ったころからネットで調べたり、友人に聞いたりして準備品の下調べを始めました。すぐに使用するもの、チャイルドシート、下着、ガーゼ、清潔用品類以外は産後に購入しました。おむつもお祝いで頂いたりするので準備は1パックにしておいてよかったです! 仕事をしていたので産休に入った晴れ間の続く日に水通しをしました。準備も幸せですよね~

たいがまま さん

赤ちゃんが生まれてから買ったのですが、生後1カ月~4才まで対応のベビーカーを買いました。正解でした。第一子はもう4才になりますが、ようやく昼寝なしで出かけられるようになってきたものの、まだ疲れると出先で寝てしまうので、A型ベビーカーが重宝しています。3才までは外出のたびに昼の寝かしつけで使っていました。

 

買うときは、まさかこんな大きくなるまで頻繁にネンネで使うことは想定していませんでした。それに、下の子が生まれるとまた生まれたてから使わざるを得ないので、B型にしなくてよかったと思います。あと、生まれる前に買っていたら、間違ったもの買ってただろうなあと思います。

ようこ さん

必要なかったのがベビーベッドでした。幸い私自身が使っていたベッドをもらってきたので出費はありませんでしたが、まったく使っていません。そもそもベビーベッドには寝てくれないので、私の布団で添い寝です。お布団も慌てて買う必要がなかったぐらい。昼間に寝かせるマットレスがあれば充分です。

 

逆に重宝しているのがハイローチェア。寝かしつけた後、布団よりも着地成功率が高いですよ。

ひなママ さん

その他の出産準備の体験談

 

↑目次に戻る

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

 

監修者・著者

助産師 REIKO


医療短期大学専攻科(助産学専攻)卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。


2019/01/15

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

いいね!
19

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。