浅川 恭行 先生の記事

医師

浅川 恭行 先生
産婦人科 | 医療法人 晧慈会 浅川産婦人科 理事長

新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
0 クリップ

1993年 東邦大学医学部卒業、1999年 東邦大学大学院医学研究科博士課程修了。浅川産婦人科の院長を務めるほか、日本産婦人科医会 幹事、東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科学講座 客員講師、鶴見大学歯学部 産婦人科学講座 非常勤講師として活躍。

1993年    東邦大学 医学部卒業
1999年    社団法人日本産科婦人科学会認定産婦人科専門医
2007年    東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科講師(病院)
2007年    日本産婦人科医会 幹事
2009年    医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事
2017年    医療法人皓慈会 浅川産婦人科 理事長・院長

基礎知識(7)
ニュース(7)
【医師監修】妊娠確定までの流れ、妊娠しやすいタイミングと妊活中のおすすめの食べもの
そろそろ赤ちゃんが欲しいけれど、なんとなく自然の流れに任せているという人もいるのではないでしょうか。残念ながら、人間は妊娠しやすい生き物ではありません。若く健康な男女がタイミングを合わせても妊娠できる確率は1回で約3割と言われています。さらに男女共に年齢を重ねることで自然妊娠の確率は下がってきます。ここでは妊娠力を高めるための体づくりや食べ物について紹介します。
【医師監修】流産後の妊活はいつからOK? 妊娠しやすい身体づくりの大切なポイント
待ち望んで妊娠したのに、流産をしてしまうことがあります。一度流産すると繰り返してしまうのではないかと心配になってしまう人もいるでしょう。流産後は、いつから妊活を再開できるのでしょうか。ここでは、流産後の妊活の開始時期、流産を繰り返す可能性、そして妊活中の注意点についてお伝えします。
【医師監修】前期破水とは?原因や対処・予防方法、妊娠・出産への影響について
【医師監修】破水とは赤ちゃんを包んでいた卵膜が破れ、羊水が流れる状態を言います。通常は陣痛が始まり、子宮口が全開大になってから起こります。けれど陣痛が起こるより前に破水してしまうことがあります。これが「前期破水」というものです。今回は前期破水の原因や予防方法、出産のリスクなどについてお話ししていきます。
【医師監修】過期産とは? 過期産によって起こる問題と対応について
【医師監修】出産が出産予定日から2週間以上遅れてしまうと、過期産と呼ばれます。出産予定日を過ぎても生まれる兆候を感じないと、不安になってくる人もいるかもしれません。過度の不安やストレスは胎児や母体にも悪影響を及ぼしますので、過期産について知り、不安を取り除きましょう。
妊娠しやすい体づくりのポイントやおすすめの食べ物とは【医師監修】
この記事では妊娠までの流れについて、医師監修のもと解説します。赤ちゃんがほしいと思って、すぐに授かれるのは幸運なケースです。赤ちゃんをのぞむ場合は早めに準備をするにこしたことはありません。バランスのよい食事や適度な運動を心がけ、夫婦ともに妊娠しやすい健康的な体づくりを始めましょう。
流産後の妊活はいつから再開できる?流産後の妊活で大切なこととは
この記事では流産後の妊活について、医師監修のもと解説します。1度流産すると、また流産してしまうのではないかと不安になる人も多いのではないでしょうか。残念ですが、実際に流産を繰り返してしまう人もいます。流産を2回以上繰り返した状態を「反復流産」、流産を3回以上繰り返した状態を「習慣流産」といいます。
PICKUP

同月齢の赤ちゃん
ってどんな感じ?

みんなの成長アル
バムで早速見る▶