風を極端に怖がり窓を開けるのを嫌がります

風を極端に怖がり窓を開けるのを嫌がります

3歳6ヶ月の娘は、部屋の窓を開けていると閉めたがります。外から帰宅したときの第一声は、「窓を開けないで!」です。部屋の中が蒸し暑いですし、空気の入れ替えのために説得して開けようとすると、大泣きで「風こわい~!!」と叫びます。
ほとんど風が吹いていないときも同じ反応で、暑くて汗をかいていても、「暑くない。窓閉める!」と言い張ります。ただし、外で受ける風には怯えません。
夏に入って気温が高くなり、窓を開ける機会が増えてきたため、娘のこだわり方も激しくなってきました。窓を開ける、開けないの攻防を繰り返しているうちに、こだわりが余計にひどくなってしまったような気もします。したがって、最近では「窓を閉めたい」と言われたら、要望通りに閉めてエアコンをかけるようにしています。
娘が窓を開けたがらなくなったのは、今年5月に起こった竜巻の被害がきっかけだと思います。わが家の地域には竜巻は来なかったものの、激しい雷雨や強風がありました。先日の台風のときにも、窓をしっかり閉めているにもかかわらず怯えてしまい、ずっと様子が変でした。
このときのことが、トラウマになってしまったのでしょうか? どう対処すればいいのか悩んでいます。

専門家の回答

まずは、娘さんの風に対してのおびえが、5月に起こった激しい雷雨や強風(竜巻の被害)がきっかけだと理解できて、よかったと思います。娘さんは、自分の気持ちをしっかりお母さんに伝えていますね。これは、お母さんを信頼し、自分が感じている恐怖を言葉で伝えられることの証です。3歳6ヶ月で、「何が怖いからどうしてほしい」と伝えられるとは、しっかりしたお子さんだと思います。
娘さんが「窓を閉めて!」と言ったら、閉めてあげてください。そのときに、「また?」「まったくもう!」「いつになったら、風が気にならなくなるんだろうね」などと否定的なことを言わないでください。今はまだ風への恐怖が強いかもしれませんが、娘さんの恐怖を理解し、要望に応じてあげることです。「お母さんは私の恐怖をしっかり受け止めてくれる」と心から実感できれば、安心感が生まれ、そのうちに窓を開けても大丈夫になるでしょう。

※質問に対する答えはあくまでも「参考意見」としてお読みください。個人によって症状や対策は異なります。また、詳しくは診察してみないと判断できない場合もあります。
この記事の回答者

監修者植松 紀子(うえまつ のりこ)先生

平成4年から「こどもの城」小児保健部にて臨床心理士(常勤)として働き、平成19年に定年退職する。横浜市、藤沢市の各教育委員会のスーパーバイザー。日本学校メンタルヘルス学会評議員、田中教育研究所評議員。
専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

育児に見ておきたい動画
もっと見る