【学資保険】人気10社を徹底比較!キャンペーン情報あり

【哺乳瓶の素材別】哺乳瓶ブラシおすすめ10選|選び方のポイントも

赤ちゃんの哺乳瓶を洗う時に使う、哺乳瓶ブラシ

一般的な食器用スポンジでは届きにくい底の部分や細かいパーツもしっかり洗える、とても便利なアイテムです。

今回は、哺乳瓶ブラシのおすすめ商品を、哺乳瓶の素材別にご紹介します選び方や注意点についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

失敗しない哺乳瓶ブラシの選び方・注意点

失敗しない哺乳瓶ブラシの選び方・注意点

まずは、哺乳瓶ブラシや乳首ブラシの選び方と注意点について、解説します。

使っている哺乳瓶の素材で選ぶ

哺乳瓶ブラシは、使っている哺乳瓶の素材によって適したものが異なります。

プラスチック製の哺乳瓶なら傷がつきやすいのでスポンジブラシ、ガラス製の哺乳瓶ならナイロンブラシがおすすめです。

また、哺乳瓶ブラシの中にはプラスチック製・ガラス製両用タイプもあります。使っている哺乳瓶の素材に合わせて最適な哺乳瓶ブラシを選んでください。

細長いもの・柔らかい素材のものを選ぶ

哺乳瓶ブラシを選ぶ際は、ブラシが細長い形状のものを選びましょう。

哺乳瓶は細長い形状のため、哺乳瓶ブラシもその形状に合わせて細長いものを選ぶと、底部分もしっかり洗えて衛生的です。

また、乳首ブラシを兼用する場合は、柔らかい素材のブラシがおすすめ。固めのブラシで乳首をゴシゴシ洗ってしまうと穴の部分などが裂けてしまう可能性がありますので、柔らかい素材のブラシを使う方が安心です。

【プラスチック製用】哺乳瓶ブラシおすすめ2選

ここからは、哺乳瓶ブラシのおすすめ商品をご紹介していきます。

まずは、プラスチック製の哺乳瓶におすすめのブラシからです。

「ピジョン」スポンジブラシ 2WAYタイプ プラスチック製 哺乳瓶専用

「ピジョン」スポンジブラシ 2WAYタイプ プラスチック製 哺乳瓶専用

さっと洗える回転洗いと、すみずみまで洗えるストレート洗いができる、2wayタイプのプラスチック製哺乳瓶向けブラシです。

持ち方を変えるだけで、回転洗いとストレート洗いの切り替えが可能。

先端は球状突起の内部を洗いやすいよう設計されているため、力を入れなくてもしっかり洗浄できます。

「まめいた」ビーンズライフ 置くだけたっち!スポンジ プラスチックびん用

「まめいた」ビーンズライフ 置くだけたっち!スポンジ プラスチックびん用

狭いスペースにも収納しやすい、自立型のプラスチック製哺乳瓶向けブラシです。

ハンドル部分にはフック穴が開いているため、吊るし収納ができる点もポイント。

ハンドルのカバーは外すことができ、水垢が付く前に洗浄できて便利です。

【ガラス製用】哺乳瓶ブラシおすすめ4選

続いて、ガラス製哺乳瓶におすすめのブラシを、4商品ご紹介します。

「ピジョン」ナイロンブラシ 2WAYタイプ ガラス製哺乳びん専用

「ピジョン」ナイロンブラシ 2WAYタイプ ガラス製哺乳びん専用

回転洗いとストレート洗いができる、2wayタイプのガラス製哺乳瓶向けブラシです。

先端は細かい部分の洗浄性能を高めるため、ナイロンの面積を多く採用。洗いやすい構造となっています。

「まめいた」ビーンズライフ 置くだけたっち!ブラシ ガラスびん用

「まめいた」ビーンズライフ 置くだけたっち!ブラシ ガラスびん用

省スペースの収納が可能な、自立型のガラス製哺乳瓶向けブラシです。

ハンドル部分は手のひらにしっかりフィットし、持ちやすいのが特徴。

フック穴で吊るし収納もできるため、収納時にしっかり水切りしたい方にもおすすめです。

「ベッタ」 ドクターベッタ 哺乳びん専用 ブラシセット

「ベッタ」 ドクターベッタ 哺乳びん専用 ブラシセット

ナイロン製の乳首洗いブラシがセットになった、ガラス製哺乳瓶向けのブラシです。

天然白馬毛を使用しており、しなやかで弾力性があるのが特徴。

ボトルの隅々までしっかり洗えて使いやすいアイテムです。

「Youda」ボトル ブラシ

「Youda」ボトル ブラシ

チューブブラシとボトルブラシがセットになった、ガラス製の哺乳瓶にぴったりのブラシです。

シリコン製のブラシは哺乳瓶の底部分の隅々まで届きやすく、ハンドル部分もしっかりとした作りのため、力を入れずに洗えます。

【プラスチック・ガラス両用】哺乳瓶ブラシおすすめ4選

最後に、プラスチック製・ガラス製、どちらの哺乳瓶にも対応している両用タイプの哺乳瓶ブラシを、4商品ご紹介します。

「リッチェル」スヌーピー ほ乳びんブラシ スポンジタイプ ミニブラシ付き

「リッチェル」スヌーピー ほ乳びんブラシ スポンジタイプ ミニブラシ付き

スヌーピーの絵柄が可愛らしい、プラスチック製・ガラス製どちらにも使える哺乳瓶ブラシです。

細かいすき間や乳首部分の洗浄にぴったりなミニブラシが付いており、これ1本で洗浄できるのがポイント。

2種類のスポンジを採用し、哺乳瓶内部の汚れをしっかり落とします。

「youthink」哺乳瓶ブラシ7点セット

「youthink」哺乳瓶ブラシ7点セット

哺乳瓶ブラシ、スポンジ、哺乳瓶ばさみ、細部を洗えるブラシなど使いやすいアイテムが揃った7点セットです。

スポンジヘッドは、手の届きにくい部分をしっかり洗浄できる設計。

ストロー洗いに適したブラシも付いているため、離乳食が始まる頃のお子さんをお持ちの方にもおすすめです。

「Butterflylily」哺乳瓶ブラシスポンジおしゃぶりブラシ360度回転クリーニング

「Butterflylily」哺乳瓶ブラシスポンジおしゃぶりブラシ360度回転クリーニング

乳首ブラシとセットになった哺乳瓶ブラシです。

360度どの面でも洗えるため、哺乳瓶の隅々までしっかり洗えるのがポイント。

哺乳瓶ブラシ・乳首ブラシともに吊るし収納ができるため、収納時に水切りしやすく衛生的です。

「HIYIBO」シリコンベビーボトルブラシ3個のクリーニングブラシセット

「HIYIBO」シリコンベビーボトルブラシ3個のクリーニングブラシセット

乳首ブラシとストローブラシがセットになった、哺乳瓶ブラシ3点セットです。

シリコン毛なので耐久性があり、衛生的に保ちやすいのがポイント。

360度回転するハンドル設計なので、力を入れずに内部を隅々までしっかりと洗えます。

食器洗いスポンジでは代用できない?

商品によって多少の差はあるものの、基本的に哺乳瓶の形状は細長いものが多いです。

そのため、食器洗いスポンジでも洗えないことはないですが、スポンジが底部分まで届きにくく、隅々までしっかり洗うのは難しくなります。

その点、哺乳瓶ブラシは哺乳瓶用として設計されているため柄が長く、底部分も力を入れずにしっかり洗うことが可能。哺乳瓶を衛生的に保つなら、哺乳瓶ブラシのご使用がおすすめです。

哺乳瓶を消毒するときにも、洗浄するの?

一般的に生後3カ月頃までは、免疫力の低い赤ちゃんの体調を考え哺乳瓶の消毒が推奨されていますが、消毒するからといって哺乳瓶を洗浄しなくても良いということはありません。

消毒前に洗浄しないと、哺乳瓶についている成分が小さなダマになり、菌やカビが増殖する可能性もあります。

哺乳瓶を消毒する場合でも、まずは洗剤を使って哺乳瓶をしっかり洗浄することが大切です。

まとめ

哺乳瓶ブラシは、哺乳瓶の内部を隅々まで洗浄するのにとても便利なアイテムです。

商品によって適した哺乳瓶の素材が異なりますので、購入前に使用している哺乳瓶の材質を確認しましょう。

ガラス製・プラスチック製を使い分けされている方は、両用タイプを選ぶと便利ですよ。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる