【学資保険】人気11社を徹底比較!キャンペーン情報あり

楽天ポイント・期間限定ポイントの現金化は可能?現金のように利用する方法を紹介

楽天では様々なポイントアップキャンペーンを実施しているため、それらをうまく活用すれば楽天ポイントはどんどん貯まります。

しかし、キャンペーンで獲得できる楽天ポイントは有効期限がある「期間限定ポイント」であり、急いで使わないと失効してしまうため、注意が必要です。

今回は、そんな期間限定ポイントを含む楽天ポイントの有効な使い方をご紹介します。

「楽天ポイントは楽天市場での買い物に使うもの」と思われがちですが、実は様々な使い方が可能です。現金のように利用する方法もご紹介しますので、楽天ポイントの使い道に困っている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

現金化は可能?楽天ポイントを現金のように利用する方法

大前提として、楽天ポイントを現金に換える方法はありません。ですが、現金のように利用する方法はあります。

楽天ポイントを現金のように使いたい方は、以下の方法を試してみてください。

  • 商品券、ギフトカードなど金券類を購入する
  • 楽天ふるさと納税を購入し寄付金として使う
  • 楽天ポイントが使える街のお店で使う
  • 楽天ペイで利用する
  • 楽天Edyにチャージする
  • 楽天カード・楽天銀行デビットカードの支払いに充てる
  • 楽天ラクマで利用する
  • 楽天証券のポイント投資に使う
  • 楽天クラッチ募金で寄付する
  • 楽天ポイントをマイルに交換する

通常ポイントに加えて、期間限定ポイントが使える方法も紹介しています。ぜひ、チェックしてください。

商品券・ギフトカードなど金券類を購入する

楽天市場には、JCBギフトカード、VISAギフトカード、ジェフグルメカード、図書カードなどの金券類が購入できるショップがあります。

こうした商品券・ギフトカードは額面よりも高い金額で購入する必要があるのですが、楽天ポイント・期間限定ポイントでの購入が可能です。

届いた金券は街のお買い物で使えますし、金券ショップで換金することもできます。

楽天ふるさと納税を購入し寄付金として使う

楽天市場の「楽天ふるさと納税」で気になる返礼品を選び、楽天ポイントで購入すれば、寄付金としてポイントの利用が可能です。

期間限定ポイントも使えますし、自治体と直接やり取りする必要もありません。

楽天ポイントが使える街のお店で使う

マクドナルト、ファミリーマート、ガストなど、楽天ポイントが使える街のお店では、期間限定ポイントも利用可能です。

楽天ポイントカードや、ポイントカード機能が付いた楽天カード、楽天ペイ、楽天ポイントアプリなどで支払えます。

楽天ペイで利用する

楽天ペイは、楽天グループが提供するQRコード決済です。

楽天ペイ残高にチャージをして利用しますが、楽天ペイの決済時にポイントを使う設定にしておくと、期間限定ポイントから優先して支払いに利用してくれます。

また、おサイフケータイのみの対応になりますが、楽天ペイSuicaにポイント(通常ポイントのみ)でチャージをすることも可能です。

楽天ポイントを使ってチャージをしたSuicaで、電車に乗ったり買い物したりできますよ。

楽天Edyにチャージする

楽天ポイントを電子マネーEdyにチャージして使うことも可能です。

ただし、Edyにチャージできるのは通常ポイントのみで、期間限定ポイントや提携先からのチャージポイントはEdyにチャージできません。

また、後ほど解説しますが、楽天Edyにポイントチャージをする方法は、楽天ポイントをAmazonで使いたい方に必見の方法となります。ぜひ、最後までチェックしてください。

楽天カード・楽天銀行デビットカードの支払いに充てる

楽天カードや楽天銀行デビットカードの支払いに、楽天ポイントを充てることができます

楽天市場以外の買い物代金にも楽天ポイントを使えるので、現金代わりに使いたい方におすすめの方法です。ただし、通常ポイントのみが対象で、期間限定ポイントは使えません。

楽天ラクマで利用する

楽天グループのフリマアプリ「楽天ラクマ」での買い物時に、楽天ポイントを利用できます

楽天ラクマには中古品だけでなく新品も出品されているため、相場よりも安く購入できるかもしれません。

楽天証券のポイント投資に使う

楽天証券にて、投資信託や株の購入を楽天ポイントで行えます

ただし、こちらは通常ポイントのみ対象です。

楽天証券は、SPUのアップ対象サービスにもなっています。詳しくはこちらの記事も確認してください。

楽天クラッチ募金で寄付する

楽天ポイントで募金することも可能です。

災害が頻発する昨今、使いみちに困っているポイントを寄付にあててみてはいかがでしょうか。

楽天通常ポイント・期間限定ポイント以外にも、楽天カード、楽天カード以外のVisa・MasterCardのクレジットカードで寄付が可能です。

楽天ポイントをマイルに交換する

楽天ポイントをJALマイル・ANAマイルに交換することもできます

楽天ポイントクラブのWebサイトから、次の4つのサービスに交換が可能です。こちらは通常ポイントのみ対象です。

提携サービス交換レート
ANAマイル2ポイント=1マイル
JALのマイル2ポイント=1マイル
Kドリームス(デルカ)1ポイント=1ポイント
楽天Edy1ポイント=1円

詳しくは、楽天ポイントの履歴が確認できる「楽天ポイントクラブ」をチェックしてください。

楽天の期間限定ポイントを現金のように利用する方法一覧

上記でご紹介した方法のうち、有効期限のある「期間限定ポイント」を利用できるサービスのみを再掲載します。

  • 商品券・ギフトカードなど金券類を購入する
  • 楽天ふるさと納税を購入する
  • 楽天ポイントが使える街のお店で使う
  • 楽天ペイで利用する
  • 楽天ラクマで利用する
  • 楽天クラッチ募金で寄付する

期間限定ポイントの使いみちがない方は、ぜひ上記の方法を検討してください。

楽天ポイントをAmazonの買い物に使う方法

「楽天ポイントでAmazonの買い物ができたら便利なのに」と考えている方は多いのではないでしょうか。

実は、ひと手間かければ楽天ポイントをAmazonの買い物に使えます。

楽天ポイントでAmazonギフト券を購入する手順

楽天ポイントでAmazonギフト券を購入する手順は、次の通りです。

① 楽天Edyの公式HPにて楽天ポイントを楽天Edyにチャージ申請する
② 楽天Edy加盟店のチャージ機や楽天Edyアプリなどで、Edyの受け取りをする
③ AmazonにてAmazonギフト券チャージタイプを購入する。この際の支払い方法を電子マネーにする
④ 注文後に届く「お知らせメール」から楽天Edy払いを選び、手順に沿って支払う

チャージ申請したポイントをEdyで受け取る際は、ファミリーマートや楽天モバイル店頭などに設置されているEdyチャージ機も使えます。

注意点は、楽天EdyでAmazonギフト券を購入する際には「コンビニ店頭での楽天Edy払い」は使えないということ。必ずメール内に記載の方法で決済してください。

詳しい手順は下記の記事で解説していますので、参考にしてください。

楽天Edyにチャージできるのは通常ポイントだけ

残念ながら、楽天Edyにチャージできるのは「通常ポイント」のみです。期間限定ポイントは使用できません。

期間限定ポイントの利用先は、先ほど紹介した6つの中から利用しやすいものを選ぶようにしてください。

様々な使い方を活用して無駄なくポイントを使い切ろう

「楽天ポイントが貯まっているけど使い道がない」という方は、この記事で紹介した様々な使い方を検討してみてください。

楽天ポイントを現金に換えることはできませんが、現金のように使うことは可能です。ぜひ、無駄なくポイントを利用してくださいね。










  • URLをコピーしました!



目次