ベビーカレンダー

5/15 Sat

プレゼント

メニュー

閉じる

ログイン

たんぱく質

赤ちゃんの筋肉や血液をつくるたんぱく質。初期から大事な栄養素ですが、後期は産後のママのためにもしっかり摂りましょう。肉類、魚類、卵、大豆製品などから、毎食取り入れましょう。
妊娠0〜4カ月 妊娠5〜7カ月 妊娠8カ月〜

肉類

牛肉 生肉はトキソプラズマが付着している場合がありますので、しっかり焼いて食べるようにしてください。
豚肉 生肉は「カンピロバクター」や「腸管出血性大腸菌」などの食中毒の危険があります。しっかり焼いて食べるようにしてください。
鶏肉 生肉は「カンピロバクター」や「腸管出血性大腸菌」などの食中毒の危険があります。しっかり焼いて食べるようにしてください。

魚介類

たら 新鮮なうちに食べましょう。
かつお 刺身は鮮度を確認して食べましょう。
いわし 刺身は鮮度を確認して食べましょう。
さんま 刺身は鮮度を確認して食べましょう。
さけ 刺身は鮮度を確認して食べましょう。
かれい 刺身は鮮度を確認して食べましょう。
しらす干し できるだけ新鮮なうちにいただきましょう。重量が軽いので、こまめな摂取をおすすめします。

卵・乳製品

良質のたんぱく質が豊富に含まれています。積極的に食べましょう。

豆類・種実類

納豆 多くの栄養価が高く、発酵食品としても優れています。
豆腐 ハードなタイプの方がたんぱく質を多く含み、乾燥された凍み豆腐は、より栄養価が高いです。
大豆 同じ重量で比較すると豆腐より栄養価が高いです。