「バキバキッ」もしや骨折!?娘が挟んだ指を無理やり引き抜いてしまい…

2020/05/26 06:25
2
子どもが怪我をしてしまう状況はさまざまありますが、家庭の中でも意識したことのない場所で怪我をすることがあります。この記事では、一瞬の隙にお子さんの指が骨折するかもしれない状況になったというママの体験談をご紹介します。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
病気・ケガ

泣いている赤ちゃん

 

子どもが怪我をしないように気をつけていても、大人が考えられない行動を起こすことがあります。今回はわが子が歩けるようになって起きたハプニングをご紹介します。

 

動きまわる子どもとの生活でヒヤリ

歩けるようになった1歳半の次女との暮らしは、毎日がハプニングの連続でした。危険かな?と思うものは事前に高い所に避難させたり、しまっておいたりと工夫はしていましたが、ある日、思いもよらない場所で怪我をしてしまいました。

 

リビングの扉の開閉時は、子どもの指を挟まないように常に気をつけていましたが、目を離した隙に開口部ではなく壁と建物のつなぎ目に次女が指を入れてしまったのです。

 

思いもよらないところで怪我を

洗濯を干しているといつもとは違う泣き声がしたので、次女のもとへ慌てて駆けつけると、リビングの扉と壁のつなぎ目の隙間に人差し指から薬指までが挟まっています。すぐに外そうとしましたが、パニックになった次女は大暴れ!

 

しかも隙間を広げようと扉を開けると、なぜか隙間は逆に狭くなってしまい、私もパニックに。バタバタと暴れながら次女は自ら手を引っ張ってしまい、バキバキバキ!という音とともに指は外れました。


骨折でなくてよかった! 子どものしなやかさに感謝

挟まっていた部分は青く、指全体はみるみるうちに赤く腫れあがってきたので、すぐに整形外科へ行きました。病院ではレントゲンを撮り、冷やして固定し、その日は帰宅することに。子どもの骨は柔らかいため、その場では骨折かどうかわからないとのことでした。

 

数日のあいだ指は腫れたままでしたが、次女は元気で痛がるそぶりもありませんでした。1週間経って再診すると、骨折ではなくねんざだったと診断され、ほっとひと安心しました。

 

なぜ指を挟んだのか考えると、はじめは広く開いていた隙間に指を入れて遊んでいて、手で扉を押したときに閉まってしまったのだと思います。

 

 

扉の開閉時などわかりやすい危険には備えていましたが、私には思いつかない場所でのハプニングに、対処が追いつきませんでした。次女が無理やり引っ張ってしまったけれど、何事もなかったことが不幸中の幸いだったと思います。今思い出してもヒヤッとするできごとでした。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

著者

ライター 銀鏡あゆみ


二児の母。生まれ育った町で、自身の父母・祖母・夫・子ども2人との大家族で暮らす。地元を中心に取材・撮影・執筆を行うライター。



この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。