「ちょっと…」と私を指さす友人。対応がショックすぎて…【生理体験談】

2021/04/01 16:25
0
大学時代に目立つ経血漏れをしてしまった女性が、友人に指摘されたときの体験談です。不親切な態度に大きなショックを受けたものの、この経験によって生理漏れ対策を徹底するようになったそうです。

「ちょっと…」と私を指さす友人。対応がショックすぎて…【生理体験談】

 

大学生のころ、生理周期が不規則で、きちんと生理予定日を把握できていなかった私。思いがけないときに生理がきてしまい、経血が漏れてしまいました。一緒にいた友人が指摘してくれたのですが、その対応にとてもショックを受けた体験をお話しします。

 

続きを読む

いつの間にか生理が不規則に

私は初潮が小学3年生と早かったこともあり、生理をあまり特別なことと思っていませんでした。生理痛もあまりなく、痛み止めの市販薬を飲めば済む程度。そのせいもあって、生理周期をきちんとチェックしていなかった私は、大学生になるころには生理の間隔が開いたり、短かったりという状態になっていました。


今思うと経血量は多く、寝ている間にシーツを汚してしまうこともありましたが、面倒だなと思う程度にしか考えていませんでした。

 

突然の生理! 友人が教えてくれたけれど…

私が通っていた大学の講義は実験が多く、1日の大半は白衣を着て過ごします。講義が終わり、仲の良い友人たちで教室を後にしたときのこと。1人の友人が「え、ちょっとアレ……」と言ったので、振り返ったところ、私の白衣の後ろを指さしながら他の友人に耳打ちしていました。


何かなと思っていると、もう1人の友人が「大変、経血ついちゃってる」と教えてくれました。見ると白衣のお尻のあたりが真っ赤に! 慌ててトイレへ行って白衣を洗いました。


生理への意識の変化

教えてくれた友人には感謝しましたが、私に言わずに別の友人に耳打ちしていた友人の行動がとてもショックで……。そのときの悲しい気持ちは今でも忘れられません。普通に教えてくれればいいのに、と思いましたが、知り合って間もない私に指摘しにくかった気持ちもわからなくはありません。

 

この後、別の友人が白衣に経血漏れをしているのを目撃したのですが、そのときは本人だけにこっそり教えてあげることができました。ショックだった自分の体験を生かして、経血漏れをどうやって教えてあげれば本人がショックを受けないか考えられたので、今となっては良い経験になったなと思っています。

 

 

経血漏れの恥ずかしい気持ちを味わったおかげで、今では生理周期をきちんと記録し、生理がくる前から生理用ナプキンを付けるようになりました。常にナプキンを持ち歩くようにもなったので、突然生理になってしまった知人にあげることもあります。彼女たちのありがとうを聞くと、あのときショックだった気持ちが少しずつ和らいでいくように感じています。

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

監修/助産師REIKO


著者:加藤やよい

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。