記事サムネイル画像

「紙おむつが足りない!」「ママのナプキンがない!」→身近にあるもので作る方法【防災ノウハウ】

令和6年1月1日16時10分ごろに石川県能登地方を震源とする強い地震が発生しました。今回の地震によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。また、被害に遭われたすべての方に心よりお悔やみ、お見舞いを申し上げます。

ベビーカレンダーは現在、不安を抱えている方々の一助となることを願い、妊婦さん、お子さんがいる家庭での災害時の避難に関する情報をご紹介します。

この記事の監修者
監修者プロファイル

管理栄養士越坂(平野) 美由紀
医療社団法人愛弘会 みらいウィメンズクリニック

東京家政大学 管理栄養士専攻卒業。在学時に災害栄養の研究に携わり、その後、日本栄養士会災害支援チーム(JDA-DAT:The Japan Dietetic Association-Disaster Assistance Team)のリーダー資格を取得。透析専門病院にて栄養管理業務を経験、現在は産婦人科クリニックで妊産婦や不妊の方を対象に栄養指導を行う。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
1 クリップ

気象庁は、今後1週間程度は最大震度7程度の地震に注意するよう呼び掛けています。

 

地震発生時、大切なわが子を守るため、慌てずに適切な対応をとれるように知っておきたいことをまとめました。

 

今回は、紙おむつや生理用ナプキンが不足したときに、身近にあるもので代用する方法をご紹介します。

 

紙おむつの作り方

【材料】

・大きめの手持ちつきビニール袋

・さらし(またはタオル、綿素材のTシャツなどの古着)

・はさみ

 

【作り方】

1.ビニール袋の持ち手の端と両脇を切って開き、その上に清潔な布をたたんで置きます。

簡易おむつ

2.布の上に赤ちゃんを寝かせ、おなか側の持ち手部分を赤ちゃんのおへその前で結びます。

簡易おむつ

3.下側の持ち手部分をおなかのほうにもってきて、結んである持ち手に入れ込みます。

簡易おむつ

4.余った部分を下に折り返します。

簡易おむつ

ナプキンの作り方

【材料】

・タオルハンカチ(バンダナ)

・ティッシュペーパーや余っている布

 

【作り方】

1.タオルハンカチを用意し、下着の幅に合わせて両側を折り込みます。

簡易ナプキン

 

2.その中に折り重ねたティッシュペーパーや、余り布をたたんで入れましょう。

簡易ナプキン

残っているナプキンがあれば、その上にトイレットペーパーを重ねて、繰り返し使うこともできます。使い捨てできるタオルも使えます。

 

十分な量を備蓄していたつもりでも、災害の規模によっては流通が止まり備蓄が足りなくなってしまうかもしれません。そのようなときに備えて、簡単に作れるおむつ・ナプキンの代用品について知っておくと安心ですね。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶