マンガ 体験談 マンガ ゆーとぴあ 家に児相がやってきた

「え、何を疑ってるの?」ボロボロになるまで質問攻めにされ…【家に児相がやってきた5】

2
15
「家に児相がやってきた」第5話。仙尾部奇形腫の長男くん、発達障害児の次男くんを育てるゆーとぴあさん。今回は、児童相談所の職員が家に来たときのエピソードをマンガ化!短期連載にてご紹介していきます。

連載 家に児相がやってきた

次男くんへ質問する児童相談所の職員さんの目は、髪の状態や、あざや怪我はないかなどをチェックしているようでした。

他害の有無を問われ、ないことを伝えると、「そうですか。きっと大切に育てられてるんですね」と、職員さんからは思いもよらない返事が……。

大切に育てている自信はないけれど、素直にそう伝えてしまったら、一時保護になる? 今回の家庭訪問や質問の回答で、虐待があるか判断されているのでは?と不安になり、ゆーとぴあさんは良いママを演じることしかできなくなってしまい……

 

続きを読む

家に児相がやってきた 第5話

家に児相がやってきた5

 

家に児相がやってきた5

 

家に児相がやってきた5

 

 

「何か子育てで困っていることは……」と聞かれ、

「多動がひどかったけれど、薬を飲むようになってからは落ち着いたので……」と現状を伝えるゆーとぴあさん。

 

職員さんはまた「他に何か困っていることは……」と聞いてきたため、ゆーとぴあさんは「エレベーターなどを見ると乗りたくなってしまうため、止めるのが大変」と答えました。

 

しかし、ゆーとぴあさんの回答内容よりもほしい答えがあるのか、

「他には何かありますか?」と職員さんはさらにゆーとぴあさんを追求。

「支援級か支援学校か悩んでいて……」と答えるも、

「それは園や相談員さんに聞いてください」と、さらりと交わされてしまします。

 

もう終わったかと思いきや、まだ「あとは何か……」と質問してくる職員さん。

他にどんな困りごとを言って欲しいのだろう……と不安になりながらも、

「これくらいですかね……」とゆーとぴあさんが答えると、やっと質問から解放して、帰ってくれました。

 

次回、児相のことをパパに相談! ……返ってきた言葉に絶句!

 

 


連載 家に児相がやってきた

前の話を読む 4話

「大切に育ててる自信ない」一時保護を恐れたママの予想外な行動とは…【家に児相がやってきた4】

次の話を読む 6話

「お前がちゃんと見てないからだろ!」相談するも夫に激しく責め立てられ…【家に児相がやってきた6】

最初から読む 1話

「警察から連絡が…」一緒に住めなくなる!?児童相談所からの電話の内容とは…【家に児相がやってきた1】

著者

イラストレーター ゆーとぴあ


  男の子2人を育てるママ。長男くんは仙尾部奇形腫、次男くんは発達障害児。事実を基にした子育てに関するエピソードをマンガ化し、Instagramに投稿しています。 Instagram:@yutopia92(https://www.instagram.com/yutopia92/)


ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 目に見えない圧があったんだろうなと思いますよ。多動の子って見るの本当に大変ですよ!漫画内でそのあたりを表現されてないから読者に伝わりにくいんだろうな(>_<)
    +15 -7
  • 質問が終わらないのは回答があったからでは?
    締めの言葉ですぐ終わりますよ。
    追い詰めたいわけじゃなく力になりたいだけですよ。
    +46 -9

 
 

マンガの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。