「話が違う!!」バリウム検査の35時間後、2.2kg増えて… #43歳で腎がんになった話 30

「43歳で腎がんになった話」第30話。3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、バリウム検査の続きをお伝えします。検査後、すぐに下剤を飲んだのですが、なかなか効果が表れず……。

この記事の監修者

医師窪田 徹矢 先生

くぼたクリニック松戸五香院長。獨協医科大学医学部卒業。千葉医療センター、成田赤十字病院で研修を積み、国保松戸市立病院泌尿器科に勤務。その後千葉西総合病院泌尿器科にて医長、部長を歴任。2017年、くぼたクリニック松戸五香を開業。日本泌尿器科学会専門医・指導医。専門医である泌尿器科および皮膚のトラブル、生活習慣病を含めた内科まで幅広く診察。メディア出演も多数あり、医者YouYuberとしての情報発信もおこなっている。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
1 クリップ

 

バリウム検査後、下剤を飲むも効果が表れず…

どうにか無事にバリウム検査を終え、

 

#43歳で腎がんになった話 30

 

家に帰り、お昼ごはん。さっきまであんなに胃がずっしりしていたのに、食べ始めたら止まらない。

 

#43歳で腎がんになった話 30

 

ここぞとばかりに、おやつまで。

 

#43歳で腎がんになった話 30

 

しかし、夜になっても下剤の効果は表れず……。

 

#43歳で腎がんになった話 30

 

お風呂から出ても変化がなく……。

 

#43歳で腎がんになった話 30

 

寝る前に下剤を追加したのに、効果なし!

 

#43歳で腎がんになった話 30

 

さらに朝食後も1錠追加するも、変わらず。

 

#43歳で腎がんになった話 30

 

昼に市販の便秘薬を2錠飲む。

(2錠飲んだらいつも大変なことになるけど、仕方ない!)

 

#43歳で腎がんになった話 30

 

結局この日も夜まで食べまくり。

 

#43歳で腎がんになった話 30

 

吸収される前に出ていく約束だったのに

話が違うじゃない!

 

寝る前にさらに便秘薬を飲もうとしていた

午後11時……。

 

#43歳で腎がんになった話 30

 

き、きたっ!

うれしいけど

つらい………!!

 

#43歳で腎がんになった話 30

 

胃がん検診の話、最後はただただ食べ続けただけでしたが

お付き合いくださりありがとうございました!

 

次回は、乳がん検診に行ったときの様子をお伝えします。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターマメ子

    2021年3月血尿と疼痛から腎がんとの診断を受け、4月21日に右腎摘出、経過観察中。3児の母。ブログ「そらマメ絵日記(腎がん経過観察中)」を日々更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶