熱々のコーヒーが赤ちゃんに…!「もっと早く」初めてのやけどで医師に言われた衝撃のひと言

テーブルの上にあった熱々のコーヒーをひっくり返し、赤ちゃんがやけどを負ってしまいました。初めてのやけどでどうしたらいいのかわからない私と夫が応急処置をして小児科へ連れて行き、医師にやけどを診てもらうと……衝撃のひと言を言われました。

続きを読む

テーブルにあったコーヒーが…!

もうすぐ1歳になるころに、つかまり立ちを始めた娘。いろいろな物に興味を持ち、手当たり次第に触ろうとしていました。私は危ない物をできるだけ高い場所に置き、触れないように意識していたつもりでした。

 

しかし、ある日の朝8時ごろ。夫がダイニングテーブルの角に飲みかけのコーヒーを置いたところ、目を離した隙に娘が触ってしまったのです。夫が飲んでいたのは、飲みかけとはいえかなり熱いインスタントコーヒー。コーヒーカップがひっくり返り、娘の体にコーヒーが降りかかりました。

 

初めてのやけどにギャン泣きする娘

熱々のコーヒーを浴びた娘は、今までに聞いたことがないほどの大きな声で泣き続けました。コーヒーは娘の体にかかり、服が濡れて熱そうです。初めてのやけどでどうしたらいいのかわからない私と夫は、急いで服を脱がし、冷水のシャワーで患部を3分くらい冷やしました。

 

右胸のあたりが赤くなり、1cmほどの水ぶくれができてしまいました。冷やしてから5分ぐらい経って娘は泣き止み、いつもどおり元気に動けるようになってひと安心。かかりつけの小児科は午前10時からしか開かないため、すぐに受診ができるように準備をして待つことにしました。

 

ショック!小児科医に注意を受け…

10時になって小児科へ行き、娘のやけどを医師に診てもらいました。やけどには、Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度と3段階の深さがあり、Ⅰ度が最も軽く、Ⅱ度、Ⅲ度と症状が重くなります。娘は大方Ⅰ度のやけどで、水ぶくれの箇所がⅡ度と診断されました。

 

先生からリンデロンとロコイドの2種類の塗り薬を処方され、患部をガーゼで保護するようにすすめられました。冷水のシャワーで冷やしたおかげで、最悪の状態は避けられたものの、「もっと早く小児科へ来るべきだった」と医師に注意されました。

 

やけど跡が残ってしまって後悔

2歳になった娘の体には、まだうっすらとやけどの痕が残っています。私たちの不注意で娘が一生ものの傷を負ってしまったことを後悔しています。やけどをしてから娘は、熱い物には絶対に触らないようになりました。

 

小児科の医師から、やけどは早期の対策が大切だと教えられました。特に患部はデリケートに扱い、無理やり服を脱がすと水ぶくれがやぶけてしまう可能性があるので、ハサミで切りながら脱がし、すぐに冷やすことでやけどの悪化を防ぐことができるそうです。

 

 

やけどの危険性がある物は絶対に娘の手が届く場所に置かないように、私は危機意識を持っていました。しかし、夫は娘の行動範囲ややけどの危険性を理解していなかったので、家族間で共有することが大切だと感じました。また、やけどは早期の対策が大切で、患部はデリケートに扱うことを学びました。もう二度とこのような事故がないよう、気をつけたいと思います。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:渡邊なつ

2歳女の子のママ。実家が遠方で頼れない、友達がいない、夫は夜勤あり。トラブル満載な育児体験記を執筆中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      開院時間に行ったのに、もっと早く来るべきだったって、救急に行くべきってこと…?

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    医療の新着記事

  • PICKUP