「放置していた…」気になる症状があればすぐに受診するべきだった! #43歳で腎がんになった話 23

「43歳で腎がんになった話」第23話。3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、1~2年前から気になっていた症状について。放置していた症状があったそうです。

この記事の監修者

医師窪田 徹矢 先生

くぼたクリニック松戸五香院長。獨協医科大学医学部卒業。千葉医療センター、成田赤十字病院で研修を積み、国保松戸市立病院泌尿器科に勤務。その後千葉西総合病院泌尿器科にて医長、部長を歴任。2017年、くぼたクリニック松戸五香を開業。日本泌尿器科学会専門医・指導医。専門医である泌尿器科および皮膚のトラブル、生活習慣病を含めた内科まで幅広く診察。メディア出演も多数あり、医者YouYuberとしての情報発信もおこなっている。

 

続きを読む

気になっていたけど、放置していた…

腎臓に気を付けたほうがいいかな?となんとなく思ってはいたものの、特に何かするわけでもなく……。

 

今から1〜2年くらい前から、たまーにだけど、夜中に脇腹が痛むことがありました。

 

最初はそんなにひどくなく、うーん、おなかの調子悪いかな?くらい。

 

 #43歳で腎がんになった話 23

 

それがちょっとずつ痛くなってきて、頻度も増して来て……

 

でも、10分くらいたてば治るのです。

 

しかも、痛かった翌朝は便通が良いことが多くて

 

 #43歳で腎がんになった話 23

 

なんて思ってました。
(痛みが腸を刺激していたせいなのか、腎臓を取ってからはすごい便秘です!)

 

ただ、痛いのがいつも右脇腹の決まった場所っていうことが引っかかっていたので、かかりつけのクリニックで何かのついでに聞いてみたけど

 

 #43歳で腎がんになった話 23

 

ってな感じ。

 

まあ、私もそんなに大ごととは思っていなかったからそれで終わってしまったけど、もしこのとき「よく調べて欲しい」と言っていたら、がんは見つかっていたのかな??

 

しかも、このころちょうど新型コロナウイルスの第一波で、学校が休みになっていた。

 

息子たちについて、ジョギングなんかを始めていたころでした。

 

 #43歳で腎がんになった話 23

 

当然、すぐ置いていかれるんですけどね!

 

そして、

 

 #43歳で腎がんになった話 23

 

走ると脇腹が痛くなる。走ったら20〜30分は起き上がれないほどでした。

 

これが、夜中に痛む場所と同じだったので、夜中の痛みも「急に走るとよく横っ腹が痛くなるやつ」と同じみたいに思っていました。

 

ジョギング後の痛みも、今思えば普通よりひどかったように思うけど……。
それがただの「走ると横っ腹が痛くなる」痛みだったのか、腎臓に関係あったのかはわかりません。

 

そして、今年3月に突然の血尿とともに、これまでも時々痛かった脇腹が激しく痛み始めたことで、ようやく病院に行ったわけですが。

 

あとから思い出したのですが、このときより2年も前に茶色の尿が出たことがありました。そのときは、すぐ治ったので放置してしまいました。ダメですね〜。

 

いろいろ調べてみると、私くらいの腫瘍の大きさ(33mm)では、症状が出るころは少ないみたいですね。

 

だから、大したことじゃないと思っても、少しでも症状があったら、やはり病院に行ったほうがいいと今は強く思います。

 

私も最初に病院に行くとき、「血尿じゃなくて生理の出血ですよ」って笑われるんじゃないかと心配だったけど、行ってよかったです。
なんでもないなら、それでいいですしね!

 

違和感があったら、ぜひ受診してください……!!

 

 #43歳で腎がんになった話 23

 

次回は、がんの手術や入院にかかった費用についてお伝えします。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

【窪田先生からのアドバイス】

脇腹の痛みが刺激となって便通が良くなるということの因果関係はないので、脇腹の痛みが腸を刺激して便通が良くなるということは特にありません。脇腹の痛みについては、受診していれば必ず超音波検査をして詳しく調べているので、その時点で腎がんは見つかっていた可能性は高いですね。ただ、脇腹の痛みだけでは即、腎がんということではなく、腎臓結石や尿管結石などをまず念頭に置いてから腎がんも鑑別には上がると思います。ジョギング後の痛みについても、この腎がんの場合は無症状の可能性が高いので、関係はないかなと思います。
茶色の尿は血尿で、血尿も腎がんの症状の一つです。ほかにも膀胱がん、腎炎、結石などさまざまな原因が考えられますので、血尿があった場合は放置せずすぐに泌尿器科の受診をおすすめします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターマメ子

    2021年3月血尿と疼痛から腎がんとの診断を受け、4月21日に右腎摘出、経過観察中。3児の母。ブログ「そらマメ絵日記(腎がん経過観察中)」を日々更新中。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP