「破水じゃなかった!?」出産予定日を過ぎ大量の水が。まさかの出来事に顔が真っ赤!【体験談】

初めての妊娠・出産は、不安はありつつも、赤ちゃんが生まれてくる楽しみで満たされていました。その中でも今回は、出産予定日を過ぎてから私が体験した、ちょっぴり恥ずかしかった体験談をお伝えします。

続きを読む

初めての妊娠、微量の出血があり病院に行くと…

望んでいた初めての妊娠。妊娠判明から1カ月を過ぎたころ、微量の出血があり、すぐに産科に行きました。医師からは「今、母子手帳を渡す準備をしてもいいけど、次回心拍が確認できなかったら返却する覚悟はあるかな?」と聞かれました。私は「次回心拍が確認されたらお願いします」と答え、無事、次の診察で母子健康手帳をいただけることになりました。

 

その出来事の後も、つわりが来て1カ月間は、食べては戻すの生活をしていました。

 

わが子に会えるのが待ち遠しい日々

その後はトラブルもなく過ごすことができました。そして、出産予定日の1カ月半前に里帰りをし、出産までの日々を楽しみに待っていました。

 

しかし、出産予定日になっても、まったく生まれてくる気配はなく、そこから毎日2回散歩をする日々。「初産は予定日より遅れるから」という言葉を頭に浮かべながら、わが子が生まれるのが待ち遠しい日々が続いていました。

 

 

破水だ!と思い病院に行くと…

出産予定日から8日後の夜中。布団が濡れている感覚がして起きると、水が一気に出てきました。私は、「これが破水なんだ!」と思い、すぐに病院に連絡。出産の準備をして病院へ向かいました。病院での破水検査の結果、破水ではないことが判明し、医師には「予定日も過ぎているし、赤ちゃんの頭も下がってこないから帝王切開にしましょう」と言われました。

 

帝王切開と決まってから翌日昼の手術まで丸1日入院となりました。その間、モニターをつけて赤ちゃんの心拍や胎動を確認したり、翌朝からは帝王切開の準備のため点滴の管をつけたりしました。手術台に上がって脊椎に麻酔を打ってからは10分ほどであっという間に産声を聞きました。

 

次の日の昼に、ようやく赤ちゃんと対面することができ、初めての子どもに癒やされながら、あれは破水じゃなくなんだったんだ!?と振り返って、顔が真っ赤になりました。先生は何も言わなかったので、もしかしたらあれは失禁だったのかもしれません。

 

帝王切開の出産が決まったとき…

私は自然分娩を希望していました。なぜなら、母が3日かけて私を産んでくれた話が大きく影響していて、私も自然分娩で子どもを産みたいと思っていたからです。

 

帝王切開が決まったときは、予定日が過ぎていたのもあり、自然分娩で産みたいなという気持ちよりも、「赤ちゃんに会えるんだ」といううれしさの方が勝っていました。しかし、手術台に行く1時間前から徐々に緊張でドキドキが強くなりました。いざ手術が始まると、「2人目以降も自然分娩は経験できないんだな、おなかに傷が残るんだな」という気持ちが湧いて来て、悲しい気持ちで涙が出てきました。しかし、産声を聞いた途端に感動とうれしい気持ちで満たされ、さっきとは違う涙が流れてきました。

 

帝王切開も大変で立派な出産なのですが、入院生活の間、私は自然分娩ではないことに負い目を感じて過ごしていました。しかし、看護師長さんの「帝王切開の跡は一生の宝物だから」という一言で少しずつ前向きになれ、私の気持ちを明るくしてくれました。

 

帝王切開のあの痛みはもう経験したくないなとそのときは思いましたが、現在3人の子育てをしています。帝王切開の跡は私にとって大切な大切な勲章です。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:キタまる子

3人の子どもを育てているママ。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    医療の新着記事

  • PICKUP