「今月も生理がこない…」放置していたら後悔することになってしまい…

私は14年間競泳をやっていました。生理との付き合い方が変わったのは21歳のとき。大事な大会のために、生理をコントロールしたいと私はピルの服用を始めることになりました。それから愛用していたのですが、引退後にまさかの出来事が……。

「どうして?」生理がこない。それでも放置してしまい、後悔することに…

 

生理との向き合い方が変わったきっかけ

私の中で生理との向き合い方に変化があったのは21歳のころ。競泳の日本代表選手に選出されたのがきっかけです。

 

私は今まで、特に生理痛がひどいとか、経血量がかなり多いということはなく、いたって一般な生理だったと思います。それゆえ生理との付き合い方も100%運に任せていましたが、一世一代の大舞台を控え、生理を理由に後悔はしたくないと思ったのです。

 

事前合宿、遠征、国内の試合とスケジュールが詰まっていたので、生理をずらせないかと考えて、初めて産婦人科を受診することにしました。

 

低用量ピルとの出合い

産婦人科の独特な雰囲気に少し緊張しましたが、先生はスポーツに理解がある方だったので、よく相談にのってくれました。そして、提案されたのが低用量ピルの服用です。

 

ピルといえば個人的に避妊目的のイメージが強かったので、最初は抵抗がありましたが先生から話をきき、しっかりと理解できたので服用することに。毎日1錠を服用し、服用をやめると生理がくるしくみです。

 

最初は腹部の違和感や倦怠感など副作用もありましたが、1カ月もすればなくなりました。そして、結果、生理痛も激減し、大会も万全の状態で臨むことができたと思います。それから、生理予定日を調整できる便利さもあって、現役引退するまで1年半ほど愛用しました。

 

悲劇はここから

ここまで快適ならずっと飲み続けてもいいなと感じていましたが、現役を引退し、特に目的もなかったのでピルの服用をやめてみることにしました。

 

すると……しばらくの間、生理がこなくなってしまったのです! 最初のうちはさほど気にしていませんでしたが、3カ月越えたあたりから不安になり私は婦人科へ。そして、医師から生理を促す薬を処方してもらい、毎日飲み続け半年後、ようやく生理が戻りました。

 

 

快適だと思っていたピルでまさか困ってしまうことになるなんて……。その後は生理が戻ったのでひと安心ですが、何かおかしいなと思ったら、すぐに産婦人科を受診することの重要性を実感しました。生理は痛いし面倒ですが、母になるという憧れもあるので、自分の体を大事にしないとなと後悔する出来事となりました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

※長期間ピルを服用していると、服用をやめた際生理がこなくなることもありますが、それでも2〜3カ月ほどで生理がくる場合がほとんどです。3カ月以上生理がこないときは、婦人科を受診してください。

 

著者/高野あかり
医療監修/天神尚子先生(三鷹レディースクリニック 院長)

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶