記事サムネイル画像

「いったん帰るなんて無理!」ひと晩中、吐きながら陣痛に耐えた私。産む体力ゼロだと判断されて!?

「陣痛が5分間隔になったら連絡してください」。言われた通りに連絡をしてから産院へ向かいましたが、今思えばこの時点ではお産はほとんど進んでいませんでした。しかし、このときの私は、タクシーで生まれたらどうしようという不安ばかりで、このあとの長い夜のことなど、想像もしていなかったのです……。

お産の始まりは明け方でした

出産予定日を2日過ぎたころ、おしるしがありました。その翌日の明け方、おや?と思う痛みを感じ、時間を計ると5分間隔。それでもまだ我慢できる痛みだったため、完全に夜が明けるのを待ってから産院に電話をすることに。朝になり電話をかけると「すぐに来ていい」と言われたので、事前に登録していた陣痛タクシーを呼びました。

 

そうして、朝6時には産院に着いていたと思います。すぐに診てもらいましたが、そのとき子宮口はまだ開いてはいませんでした。しかし痛みが少しずつ増していたため、私はお産が進んでいると思っていたのです。

 

5分間隔の痛みが続く、長い夜

ところが、その後も一向に陣痛の間隔が縮まることはなく、子宮口は開きません。しかし、私はその痛みから胃の中のものを全部吐いてしまいました。水を飲んでも吐き、何も飲まなくても胃液を吐くという状態に……。

 

陣痛室に運ばれてくる食事を朝からひと口も食べられないまま夜になり、規則正しく5分間隔で吐き、その合間で気を失うように眠り、また吐き……をひたすら続け、長い夜が明けました。

 

 

体力が尽きた私に先生からのひと言

朝になり、ひと晩中吐いていた私の体力はすでに尽きていました。しかし子宮口はまだほとんど開いてはおらず、診察した先生から「産む体力が残ってなさそうだし、いったん帰る?」と言われ、私は思わず「嫌です!」と悲鳴を上げました。

 

一刻も早くこの苦痛から逃れたくて、必死の形相だった私。陣痛促進剤と体力回復のための点滴を打ってもらうことになったのでした。

 

 

陣痛促進剤の効果により、ようやくお産が進みました。体力が尽きたところから始まった陣痛の記憶はほとんどないのですが、いきみ逃しが難しかったことは覚えています。陣痛が大変だったのはもちろんなのですが、分娩台に上がってからはあっという間に感じました。私にとっては徹夜の陣痛が精神的にも肉体的にも最もつらかったようで、そのときのことは娘が4歳になった今でも記憶に強く残っています。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師 松田玲子


著者:矢飼ふゆ子

4歳の娘と夫との3人暮らし。趣味は映画や海外ドラマを観ること。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      明け方から本当に大変でしたね お疲れ様

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    医療の新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →