記事サムネイル画像

40代の性生活「したいのにしてくれない…」夜の悩みはどう解決?【医師監修】

0

家事、育児、仕事など毎日フル稼働で働く40代。夜は一刻も早く寝たいという生活を繰り返すうちに、いつの間にかセックスレスになっていたということもあるでしょう。「私のこと嫌いになったのかな」「私に興味がないのかしら」と夫に疑念すら持ち始めたら要注意。たまには夫婦として夜の営みをしたいのにまったく誘われない、という悩みに産婦人科医の駒形依子先生が答えてくれました。

この記事の監修者
監修者プロファイル

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
3 クリップ

 

なぜ、以前のように誘わなくなったのか

「なぜしてくれないのか」とイライラしたり、落ち込んだりする前に、パートナー側の立場や状況も思いやることが大切、と駒形先生は言います。

 

「40代、50代といえば働き盛り。仕事の疲れやストレスで体力が残っていない状態は女性と同じです。以前ほど性欲が湧かなくなるのは自然でしょう。また、加齢などでED(勃起障害)になっていることもあります。そうなると、セックスへの自信がなくなり、緊張で楽しめなくなることもあります」(駒形先生)

 

自分の欲求をぶつける前に、相手が今どう思っているのか、どうしたいのか、コミュニケーションを取る必要があるようです。

 

愛されている証拠が欲しい?

うつむく女性

 

さまざまな年代のセックスの悩み相談を受ける駒形先生。その経験から感じるのは、男性より女性のほうがセックスと愛情を結びつけてしまいがちなんだそうです。

 

「“愛してくれているなら、私とセックスしたいはず”と思っているので、それがかなわないと“私のことを愛していないの?”となりやすいのです。つまり、セックスがしたいというよりも、“愛されている証拠が欲しい”。セックスはそのためと手段となりやすいのです」(駒形先生)

 

しかし、自分が欲しい愛のカタチがもらえないからといって、相手の愛情がないとは限らないと駒形先生は言います。

 

「キスやハグ、一緒に寝るだけではなぜ愛情が感じられないのか、その理由を探り、見つめ直してほしいですね」(駒形先生)

 

 

男女に戻る時間をつくって

老夫婦イメージ

 

お互い、これからのセックスをどうするか、セックスに何を求めているのか、話し合ってほしいと駒形先生。しかし、セックスのことを言葉にして、話し合うのは恥ずかしいという人もいるでしょう。

 

「あなたとセックスがしたいという思いは良いセックスをしているから湧き上がるもの。パートナーの自信にもつながるはずです。かなりご無沙汰になってしまっているなら、まずは手をつなぐなどスキンシップから始めるのも良いでしょう。1日5分でも、男女に戻る時間をつくってみては。たまに老夫婦が手をつないで散歩している様子を見ますが、とても微笑ましいですよね」(駒形先生)

 

自分の親が夫婦のコミュケーションを取っていなかったということも影響しているという駒形先生。両親が仲良しなのは、子どもにとってもうれしいもの。今さら恥ずかしいという思いもあるかもしれませんが、父親、母親の役割から少し離れて男女の関係を取り戻すことから始めると良さそうです。

 

まとめ

駒形先生のもとには、70代、80代の女性がセックスについて相談に来ると言います。「こんな年になって恥ずかしい」という思いは捨てて、自分の気持ちに素直になって、相手を思いやりながら話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


取材・文/岩崎みどり

ライター歴25年。35歳で第1子、38歳で第2子出産。最近、たるみが加速して二重あごが悪化。身長153㎝なのにLサイズの服が少しきつくなってきて……人生最後のダイエットを計画中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →