離乳食のだし取りの手間がなくなる!?「かつお粉」「けずり粉」

2017/01/05 19:00
11
離乳食での少量のだし取りは面倒です。しかし、味覚が作られる時期だからこそ、ちゃんとだしを効かせた離乳食を食べさせてあげたいですよね。そんなとき、わが家では、お好み焼きなどに使う「かつお粉」や「けずり粉」を離乳食の調理に活用しています。だし取りの手間をかけずに、だしが効いた離乳食を作ることができて便利です。

 

こんにちは。ママライターの石川ゆりです。味覚が作られる時期だからこそ、赤ちゃんには、だしを効かせた離乳食を食べさせてあげたいですよね。しかし、少量のだし取りはとっても面倒です。そんなときにわが家で大活躍した「かつお粉」「けずり粉」についてご紹介します。

 

入れるだけで、だしが取れる!?

 

スーパーなどでかつお節売場やお好み焼き売場に売っている「かつお粉」「けずり粉」をご存知ですか?これらは、かつお節やさば節、にぼしなどを粉末にしたものです。

 

わが家では、離乳食で少量のだしを取りたいときに、これらの粉末を調理時にスプーンでパッと入れています。だし取りの手間なく、簡単にだしが効いた離乳食を作ることができて便利です。

 

 

「かつお粉」「けずり粉」の違いは?

 

わが家で購入した「かつお粉」は、かつお節100%です。一方、「けずり粉」はかつお節やさば節、にぼしなどの粉末がブレンドされており、かつお粉とはまた違う風味になっています。そのほか、にぼしだけを粉にした「にぼし粉」などもあるようです。

 

離乳食に使う場合は、まずは少量から始めることをおすすめします。また、けずり粉に含まれることがある「さば」は、食物アレルギー特定原材料等27品目に指定されている食材ですのでとくに注意したいですね。


余ったら大人の食事をワンランクアップ!

 

もし「かつお粉」や「けずり粉」が余っても、もちろん大人の食事にも活用できます。たとえば、いつもの味噌汁に小さじ1杯を加えるだけで、味噌汁のうま味・香りがアップして、ワンランク上の味噌汁になります。

 

そのほか、煮物や炒め物、麺類などに加えるのもおすすめです。手軽にだしのうま味を味わえて、だしがらが出ないところも無駄がなくてうれしいポイントです。

 

 

毎日の食事に活用できる、「かつお粉」「けずり粉」。わが家では、常にストックしてある便利食材になっています。ぜひ「かつお粉」「けずり粉」を一度料理に使ってみてくださいね。(TEXT:ママライター石川ゆり)

 

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
11

現在ログインしていません。

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。