子どもがほしい…!夜のお誘いがプレッシャーになっていた!?【体験談】

2018/07/20 22:00
19
この記事では、妊活中のママの体験談を紹介しています。妊娠したい焦りから夫にプレッシャーをかけてしまったというママ。お互いに子どもがほしいという気持ちは同じ。付き合っていたころを思い出し、気軽なスキンシップから始めたそうです。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
妊活

夫婦のイメージ

 

結婚したらすぐに子どもがほしいと思った私は、基礎体温を毎日計り、排卵日予測がそこそこできるようになりました。ところが、うまくできなかったのが「夜のお誘い」でした。焦ってプレッシャーをかけてしまったんです。

 

焦りとプレッシャー。セックスが義務化……

夫とそろそろ子どもがほしいという話になり、まずは排卵日を知るために基礎体温を毎日計りました。毎朝の日課になり、体温の変化で自分の体のリズムもわかるようになりました。

 

排卵日もわかったので、子どもをつくろうということで、妊娠しやすい日を夫に伝えて夜のお誘いを毎月していたのですが、なんだか義務化されているみたい? と、少し違和感を感じました。夫に思い切って聞いてみたところ、夫も同じことを思っていました。

 

気持ちは一緒。話し合うことが大事

夫とそんな話をしてからは、なんだかギクシャクしてしまい、夜のお誘いもしづらくなってしまいました。このままではいけないと思い、夫とちゃんと話し合うことに。

 

「子どもはもちろんほしいけど、誘い方が重たくてプレッシャーを感じてしまった」と話す夫。たしかに妊娠したいという焦りもあり、必死になりすぎていたかもしれないと反省しました。きちんと話すことで、夫の気持ちを聞くことができてよかったと感じています。


楽しみな予定になるように工夫する!

お互い子どもがほしいという気持ちは同じ。あとは自然な流れでセックスへ……ということで、私がした工夫は「夫にプレッシャーをかけないように明るく振る舞うこと」でした。

 

カレンダーにふざけて大きくハートを付けて「排卵日」と書いてみたり、一緒にお風呂に入ってみたりと、付き合い始めたころの初心を思い出し、スキンシップをとるようにしました。その成果か、自然と一緒に寝るようになりました。

 

 

「子どもをつくる!」と思うと、なんだか緊張やらプレッシャーやらで変な空気になってしまうこともあるかもしれません。でも、まずは夫婦が仲良くいることから始まるのかなと感じています。反省しながら、夫婦で乗り越えられた私の妊活期間でした。


著者:深田よう子

三児の母。夫とは二回り近い年の差婚。子ども服のショップ店員など、結婚するまでは子ども向けの仕事に携わる。現在は芸能や育児に関する記事を中心に執筆中。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
19

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。