不妊治療を中断した1カ月後、まさかの妊娠判明!?【妊活体験談】

2018/04/26 23:00
2人目の不妊治療をしていたママさんの体験談を紹介しています。2人目の不妊治療は専門的な病院で始めたママさんですが、上の子を連れての通院や、金銭的にも治療が負担になり、不妊治療を中断。すると1カ月後に妊娠が判明。妊活を少し休むことも大事だと感じたそうです。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
妊活
病院

妊活中のイメージ

 

不妊治療や妊活は、精神的に不安なことばかりだと思います。金銭的な面でも負担が大きく、いつまで続ければいいのか、ゴールが見えない日々を過ごすことも。今回は、私の不妊治療と妊娠するまでの経過をお伝えします。

 

6年の不妊治療のすえ、1人目を妊娠・出産

もともと生理不順で20代前半から婦人科に通院していた私は、まず基礎体温の計測と排卵誘発剤の服用をしました。病院の先生には、「薬で生理が来るということは、妊娠する力があるということだからがんばりましょう」と励まされ、薬の服用のみの治療をすること6年。主人の励ましもあり、ようやく1人目を妊娠・出産することができました。

 

出産後は6カ月で生理が再開し、基礎体温は計っていませんでしたが、決まった周期で毎月生理が来ていたので、2人目は妊活をせずとも授かるものだと思っていました。

 

まさかの無排卵月経、不妊治療を再開

1人目の出産後、そろそろ2人目がほしいと思い、はじめに不妊治療をした病院とは別の病院を受診。検査の結果、毎月定期的に来ていた生理は無排卵月経でした。2人目を希望するなら、不妊治療専門の病院で不妊治療を再開すべきだと言われ、もう治療は終わりだと思っていたのに、まさかの再開です。

 

上の子を連れて、専門的な病院に通うことにしました。不妊の原因特定やフーナテストを受け、まずはタイミング療法から開始することになりました。


不妊治療を中断した1カ月後に妊娠

血液検査やホルモン注射など、上の子を連れて月数回の通院。専業主婦の私には、治療費も負担でした。病院の先生の印象もあまり好ましくなく、生理のたびに主人や子どもに当たってしまうこともありました。

 

6カ月後、病院の休診日と私の排卵が重なり、その月は妊活を意識しない日々を過ごすことになりました。内心ホッとしている自分がいて、そのまま病院に行くのが億劫になり、治療を休むことにしました。そしてその1カ月後に2人目の妊娠が判明。治療も大事ですが、精神的な余裕を持つために少し休むことも大事だと思いました。

 

 

不妊治療中は、とても不安な日々を過ごしていました。病院の先生や主人と話をしながら、自分たちの納得のいく治療を進めていくこと、精神的に限界だと感じたら、治療を少し休むことも大切だと感じた経験でした。


著者:村上八重美

二児の姉妹の母。自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 5

既にクリックしています。

  • 出口の無いトンネル…抜けてしまった今では冷静になれるけど、トンネルの中に居たときは先が見えなくて怖くて、辛い毎日でした。焦ったら出来にくい、解ってても難しいですよね~。でもほんと、期待してない時に限って出来るんですよね!!

    2017/10/13 10:07
  • わかります!私ももともと生理不順だったし周りが妊娠していくとすごい焦りました。
    でも「妊娠したい,って強く思わなくなったら妊娠することができました。
    ときにはリラックスも必要なんだなと思えました。

    2018/04/27 12:15

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。