人工授精は何回続ける?気持ちの変化とその後【ママの不妊治療体験談7】

カテゴリー│医療  体験談  妊活  高齢出産 
2019/02/21 21:00
5

不妊治療をしている夫婦のイメージ

 

タイミング法同様、人工授精を何周期もおこなっていると、次のステップである体外受精にステップアップしたほうがいいのでは? と不安になる方もいると思います。今回は、私がおこなった人工授精の回数とステップアップを考えたときの気持ちなどをお伝えします。

 

続きを読む

人工授精での妊娠率

人工授精での妊娠率は約7~8%で、人工授精で妊娠した人の多くは5~6回目までで妊娠していることもあり、一般的に人工授精は6周期くらいでステップアップする傾向があるようです。

 

そのことを考えると私の中で人工授精は5回までおこない、その後は体外受精にステップアップしたほうがいいのかもと考えるようになりました。高齢ということもあり、人工授精を長い期間続けることは考えていませんでした。

 

人工授精から体外受精への気持ちの変化

私の場合、1回目の人工授精は流産という結果になりました。2回目の人工授精では化学流産になりました。次はうまくいくのでは! と思ったのですが、3回目、4回目は妊娠検査薬が陰性という結果でした。次は自分が決めた5回目の人工授精です。


5回目の人工授精は、翌周期から体外受精をおこなえるように料金や通院タイミングなど、主治医に相談しながら進めていたので、5回目もおこなうものの気持ちはすでに体外受精のことばかりを考えていました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)