チャイルドシートの選び方、徹底解説

 

子どもと車でお出かけする際には必須のチャイルドシート。

赤ちゃん時代から10歳頃まで、長くお世話になる安全のための大切なアイテムです。またお子さんが車に乗るたびにチャイルドシートを嫌がるので、買い替えを悩む方もいるかもしれません。ここではチャイルドシートを選ぶ際の大切なポイントをわかりやすく解説します。

 

 

チャイルドシートっていつから必要?選び方の基本のキ

自動車に乗車するときにシートベルトを着用する義務があるように、6歳未満の幼児にはチャイルドシートを装着する義務があります。

大きくなっても体格によっては大人用のシートベルトでは有効に作用しないというデータがあるため(※)、チャイルドシートは10年ほどのスパンで考える必要があります。

出産後、赤ちゃんとともに自宅に帰る際に自動車を使用する場合にはチャイルドシートが必要になりますから、妊娠中から用意しておきましょう。

 

タイプによって対象年齢に規定がありますが、あくまでも体格などに応じたものになります。新生児で使用する場合には、もちろん新生児対応タイプ(ベビーシート)を選びます。成長に応じてチャイルドシート、ジュニアシートに切り替えていきます。

 

※参考:

JAF チャイルドシートを使わないと、こんなに危険 <http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/childseat/P5/index.htm

 

 

重要チェック項目は安全性と生活スタイルへのフィット感

各メーカーがさまざまなタイプのチャイルドシートをリリースしており、最新のものはもちろん、現行の国の安全基準にのっとったものになっていますが、中古品を選ぶ際にはクッションのへたりなどを含め、自分で必ずチェックするようにしましょう。

 

気に入ったチャイルドシートであっても、使用する車の種類によって使用不可のものがありますので必ず確認しましょう。自家用車だけでなく、祖父母の車にも付け替えることが想定される場合などには、注意が必要です。

 

メーカーサイトで車種を指定すると、取り付け可能かどうかが確認できます。取扱店で販売員さんが一緒に確認してくれることもあります。また、シートベルトを使わずにかんたんワンタッチで車に装着できるISOFIX(アイソフィックス)バーを使用するのは載せ替え時の手間を軽減してくれ、かつ確実な装着が魅力ですが、車の取扱説明書での装着可能チェックが必須になります。

せっかく購入したシートが使えない事態を招かないように、二重三重のチェックをしてください。

 

チャイルドシート選びでは車との相性はもちろん、生活スタイルとのマッチングも重要になります。回転式のシートなら、狭い駐車場でも赤ちゃんを乗せやすいですし、コンパクトなら狭い車内でも邪魔になりません。

 

複数台の車で頻繁にチャイルドシートを乗せ変えるなら、ISOFIXタイプが重宝するでしょう。ベビーカーにそのまま載せ替えられるタイプもあり、ベビー用品全体のバランスをみながらの選択が重要です。

 

 

チャイルドシートの付け方は

チャイルドシートの車への装着方法は2通りです。

最近増えつつあるISOFIXタイプと、3点式シートベルトで固定するタイプがあります。

 

モデルによっては、車の足元部分に突っ張りさらにしっかり固定させるものもあります。車への取り付けがうまくできていない事例はおよそ半数にものぼるそうです。しっかりつけているつもりでもうまくできていない場合もあるため、装着後はゆるみなどがないかしっかり確認が必要です。

 

子どもによっては、ハーネスで固定されることを嫌がる子もいますが、いつ事故に巻き込まれるかわかりません。大切な命を守る為、できることをしましょう。まずはシートをしっかりと正しく固定し、お子さんにも繰り返し話をして安全に車での移動を楽しめるようにしましょう。

 

お子さんの成長に合わせてステップアップ

チャイルドシートのタイプによって、使用可能な子どもの体重、年齢は異なってきます。新生児時代は後ろ向き、おすわりできるようになれば前向き。ハーネスの位置も途中で付け替えて窮屈でないようにしてあげます。

 

赤ちゃんの成長に伴ってシートをはみ出すようになってきたら買い替えどきです。ジュニアシートは気持ち良く使えるよう、通気性の良さもチェックしてあげてください。ブースターシートはコンパクトで車内を広く使える利点がありますが、首にシートベルトがかかってしまっていると大変危険です。年齢だけでなく、お子さんの体格に合わせて最適なシートを使用するようにしましょう。

 

 

まとめ

チャイルドシートに乗せるたびに、不機嫌になる子はママが見えなくて不安になっている場合もあります。

正しくチャイルドシートをセットできているか、お子さんにとって窮屈になってないか、チェックをしながら少しずつ根気強く慣らしていきましょう。

これからチャイルドシートを使うファミリーにとっても、快適で安全なお出かけへのアドバイスになれば幸いです。

 

 


監修者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

 

 

 

 

◆生後0~1か月に関するQ&A

 

 

◆出産後の退院の体験談

初産、5日で退院でした!お祝いをたくさん頂いていたので主人に前日までに自宅や里帰りだったので私の自宅に持って帰ってもらいました。おかげで、会計後荷物も少なく退院できました。車を利用される方は退院までにチャイルドシートの購入、設置お忘れなく!あと、退院時は名前のたいがにちなんで虎柄の入った普通のロンパースで退院しました。

たいがママ さん

退院時のセレモニードレスは必須だろうと思って、第1子の時は張り切って購入したのですが、病院→里帰りの実家と車に乗ること、ものの10分ほどで、特に用意しなくても問題なかったなあ~というのが正直な感想(家について、またわざわざ着替えさせたし・・・)。下の子の時は、普通のベビー服で退院しました。

あっちママ さん

赤ちゃんのセレモニードレスはお姑さんが用意したものを着せました。出産する一週間前には準備していました。また、車で帰りましたが、チャイルドシートを用意しました。里帰り先で購入できない事情があったため、交番でレンタルしました。とても助かりました。

そばかす さん

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

 

2017/06/26


はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。