妊娠中の不快症状(マイナートラブル)について

10

 

妊娠経過に伴うホルモンの変化や大きくなる子宮、体重増加などによっていろいろな体の不快症状(マイナートラブル)が出ることがあります。ここではよくある妊娠中の不快症状(マイナートラブル)について説明します。

 

つわり

つわりの期間は人によって異なります。つわりの始まる時期は一般的には妊娠5〜6週ごろからで、妊娠9〜10週くらいにピークを迎えます。終わる時期も人によってさまざまですが、妊娠12〜16週ごろに終わる人が多いようです。

 

便秘・痔

妊娠中はホルモンの影響で腸の動きが悪くなったり、大きくなった子宮が腸や血管を圧迫する影響で便秘や痔になりやすくなります。便が硬いときは、ごぼうやきのこ、海藻類など食物繊維を多く含む食品を食べたり、水分をこまめにすることで解消する場合もあります。症状がつらい場合は、かかりつけ医に相談し、薬を処方してもらうことも可能です。

 

足のつり(こむらがえり)

妊娠中期から後期は、こむらがえりを起こすことがあります。特に明け方が多いのですが、大きくなった子宮によって下半身の血行が悪くなったり、カルシウムの摂取不足などが原因とされています。。足を伸ばし、親指をひっぱると楽になります。睡眠前にパートナーにマッサージを頼んでもいいかもしれません。

 

むくみ

手足の皮膚を押したときに跡がなかなか戻らなければ、むくんでいる証拠。赤ちゃんに栄養を運ぶために血液量が増えることや、大きくなった子宮が血管を圧迫したり、運動不足や冷えで血流が滞ったりすることも原因に。むくみを感じたら、運動やゆっくり入浴をして血行を良くしましょう。塩分の取りすぎや栄養バランスの崩れにも注意してください。

 

腰痛

腰痛の原因のほとんどは子宮の重みと骨盤のゆるみからくるもので、腹帯の着用や骨盤をしめるベルトなどを巻くと楽になることも多いので、産院に相談してみましょう。

 

肌の乾燥やかゆみ

妊娠初期はホルモンバランスの変化により、これまで使っていた化粧水などが合わなくったり、肌がカサついたりかゆくなることがあります。湿疹や強いかゆみがある場合は、妊娠中でも影響のない薬を処方してもらいましょう。刺激の少ないせっけんや衣類を使うと、症状が和らぐこともあります。

 

胃もたれ

大きくなった子宮に内臓や胃が押しあげられるため、動悸や息切れ、胃がもたれる感じがします。一度にたくさん食べるのではなく、こまめに食事を摂るといいでしょう。

 

頻尿・尿もれ

大きくなった子宮が膀胱を圧迫することで起きます。ホルモンの影響で骨盤底筋が緩んでくることも原因の1つです。我慢すると膀胱炎になってしまうので、まめにトイレに行きましょう。くしゃみや笑ったときに尿もれをしてしまう人は尿とりパッドをしておきましょう。きっかけがないのに漏れる感じがあったり、下着が濡れる場合は、破水でないことを産院で確認してもらいましょう。

 

静脈瘤(じょうみゃくりゅう)

大きくなった子宮に下半身の静脈が押されることやホルモンの影響で、静脈瘤が出やすくなっています。血管が青黒くこぶのようにふくらんだもので、現れやすいのはふくらはぎや太ももの内側、外陰部などです。鼠蹊部(そけいぶ)を強く締め付ける下着は避け、足先から体に向かってマッサージをして悪化させないようにしましょう。

 

不眠

お産が近づくと眠れなくなることがあります。おなかが大きくなったことによる身体的要因もありますが、不安や緊張など心理的なことによって不眠になることも。また妊娠後期になると、産後の授乳に備え「プロラクチン」というホルモンが分泌されることにより、眠りが切れ切れになる人が多いころです。生理的不眠パターンの変化なので、あまり気にしないようにしましょう。

 

足の付け根の痛み

妊娠後期になると赤ちゃんが下りてきて骨盤を圧迫することで、足の付け根が痛むことがあります。出産予定日が近い場合は、お産が近づいているサインです。

 

耳の不快感

ホルモンバランスが崩れると、耳が詰まった状態や自分の声だけ大きく聞こえる耳管開放症になることも。産後自然に治ることが多いです。

 

 

監修者

医師 池谷 美樹 先生

産婦人科 | 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務、東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、博士号取得、国立成育医療研究センター周産期診療部勤務、日本赤十字社医療センター産婦人科勤務を経て、現在は横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長。


経歴

■主な経歴

平成6年 岐阜大学卒業、日本赤十字社医療センターで初期研修後、同センター常勤医師として勤務

平成14年 東京慈恵医科大学産婦人科講座入局、

平成20年 博士号取得

平成21年 国立成育医療研究センター周産期診療部勤務

平成24年 日本赤十字社医療センター産婦人科勤務

平成28年4月 横浜市立みなと赤十字病院産婦人科 副部長


2016/01/09

ベビーカレンダー記事制作の取り組み


この記事にいいね!しよう

いいね!
10

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。