妊娠前の内科的な健康診断

0

妊娠前に受けるべき健康診断としては、婦人科検診のほかにも自治体や健康保険組合で行う内科的な健診が必要です。自治体で行う健康診断は40歳以上が対象とされることが多く、妊娠しやすい年齢の女性は受けられない場合があります。

働く人は会社で定期健診を受けられるケースが多いですが、特に30代後半に初めて妊娠する専業主婦や自営業者などは、自費でも健康診断や人間ドックを受けておくことが大切です。具体的な検査内容は各健康診断によって異なりますが、一般的には次のようなものが多いようです。

内科的な健康診断の主な項目

 

  • □問診
  • □身体計測
  • □血圧測定
  • □尿検査(尿糖や尿タンパク、潜血などが分かる)
  • □血液検査(コレステロール値や中性脂肪、尿酸、血糖、白血球数などが分かる)
  • □心電図
  • □胸部レントゲン撮影
  •  

など。

 

 

(監修/天神尚子先生

 

 

2015/07/08


この記事にいいね!しよう

いいね!
0

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。