医療 熱中症

ハンディファンで命の危険も!?意外と知らない赤ちゃんの熱中症対策【助産師】

43
助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本さんが、赤ちゃんの熱中症対策についてお話ししてくれました。なぜ熱中症になるのか、熱中症の症状なども合わせて詳しく解説!

ハンディファンで熱中症対策するママと赤ちゃんのイメージ

 

5月に入ってくると、天気の良い日であると気温が上がり、日中は夏日にあることも珍しくありません。今日は、赤ちゃんの熱中症対策についてお話していきます。

 

続きを読む

熱中症ってどうしてなるの?

野外など気温が高い場所では、大量の汗で体の水分や塩分が失われ、体温調節がうまくできなくなってしまい、熱中症になりやすくなります。
 

特に乳幼児は、体温調節機能が未発達です。特に汗をかく機能が未熟で、大人と比べると暑さを感じてから汗をかくまでに時間がかかり、体温を下げるのにも時間がかかってしまうため、体に熱がこもりやすく体温が上昇しやすくなります。全身に占める水分の割合が大人より高いため、外気温の影響を受けやすくなっています。気温が体表温度より高くなると熱を逃がすことができず、反対に周りの熱を吸収してしまう恐れもあります。
 

赤ちゃんの熱中症の症状は?

赤ちゃんは自分の体調や喉の渇きなど自分で訴えることができないので、大人が注意して対応してあげなければ行けません。
 

水分補給と頭や首・脇の下、足の付け根など身体を冷やす(クーリング)をしても改善がない場合は、受診するようにしましょう。

 

⚫︎熱中症の初期症状
 皮膚や唇などが乾燥している
 頭や身体は熱いが、汗をかいていない
 おしっこの量が少ない
 なんとなく元気がなく様子がおかしい

 

⚫︎熱中症が重症化してくると
 ぐったりしている
 目線が合わない
 嘔吐がある
 大泉門が陥没する

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

医療の人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。