暮らし 工夫 住まい 事故 生活習慣 体験談 付き合い方 安全対策 遊び

「まさか、開けたの!?」飛び散った真っ赤な液体。子どもに渡したことを後悔…油断が招いた事故

2
6
子どもが1歳のとき、醤油、お酢、ごま油などさまざまな調味料をいたずらで引っ張り出し、ぶちまけるというハプニングが起きました。なかでも笑いごとでは済まされなかったのがタバスコ。親が少しでも「大丈夫だろう」と油断すると、大きな事故へ繋がりかねないと感じたヒヤッとした体験談です。

「まさか、開けたの!?」飛び散った真っ赤な液体。子どもに渡したことを後悔…油断が招いた事故

 

続きを読む

子どものいたずら対策がおろそかに

当時わが家が住んでいたのは、キッチンとダイニングが一体となった古い間取りのマンションでした。キッチンカウンターなどはなくキッチンに柵を付けることができないので、当時1歳の好奇心旺盛な子どもはキッチンにやってきてはウロウロ。あちこち引き出しを開けてはいたずら放題。

 

その様子を見かねて引き出しにチャイルドロックを取り付けたり、扉はひもで縛るなど工夫をしていました。しかし日々の生活で引き出しのロックを都度開け閉めするのは面倒で、うっかりロックを開けたままにしてしまうことも多々ありました。

 

調味料をぶちまけるいたずらが頻発

そんななか、ちょっと目を離した隙に子どもが調味料を引っ張り出し、フタを開けて中身をぶちまけて遊んでしまうハプニングが発生! それは1度ではなく、調味料の種類を変えながら3度ほど発生しました。

 

調味料にまみれて遊ぶその姿は、どこから手をつけていいのかわからないくらい脱力する状況……。しかしそのときは、まだ笑いごとで済んでいました。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • 危ないものと分かっていて目を離した状態で渡す神経が分からない
    +10 -0
  • 1回、ぶちまけられた時に何かしらの対策しとけばいいのに。

    それに、タバスコの蓋を固く閉めて渡すじゃなく、
    ダメなものはダメと教えればいいのに。
    +15 -4

 
 

暮らしの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。