食・レシピ 離乳食

離乳食作りがラクになる!保育士がおすすめ冷凍保存の方法と注意点

31

にんじんの離乳食

 

赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中! 今回は、保育士で離乳食インストラクターの中田さんからメッセージです。

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。9~11カ月ごろ(離乳食後期)・1歳~1歳6カ月ごろ(離乳食完了期)になると離乳食が3回食になります。毎日の離乳食作りにかかる時間も増えますし、毎日のメニューを考えるのが大変な日もありますね。時間がない日やメニューを考えるのが大変な日にあると便利なのが、冷凍保存した離乳食。今日は、離乳食の冷凍の基本と上手な取り入れ方をお話しします。

 

続きを読む

離乳食を冷凍保存する方法

毎日できたての離乳食を食べさせるのは大変です。ここではおすすめの冷凍保存の方法を3つお伝えします。

 

肉と魚は生のまま小分けにして冷凍する

これは私がよく活用していた方法です。「あ、今日のメニュー、たんぱく質が少ない!」というときに重宝しました。


① 調理していない生の魚や肉の皮、脂肪、骨を取り除く。
② 生のまま一回分切り分けてラップに包む。
③ 冷凍庫に入れる。

 

例えば、大人のお味噌汁を取り分けしようと思っていたら、野菜しか入っていなかった場合などにプラスしていました。

 

下処理した野菜を冷凍する

野菜を一品ずつ下茹でして小分けにしておくことで、毎日の離乳食が時短になる方法です。


① 野菜を下処理(皮をむくなど)して湯がきやすい大きさに切る。
② 水(またはだし)でやわらかくなるまで煮る。
③ 月齢に合わせた大きさに刻む。
④ ③を鍋に戻して残った煮汁で再加熱する。
⑤ 一回分の小分けにする。
⑥ 冷凍庫に入れる。

 

冷凍庫にある野菜を見て「朝はにんじん、たまねぎ、かぼちゃでスープを作ろう」「昼はたまねぎとほうれん草でうどんを作ろう」など、いろいろなメニューに使えるので便利ですね。

 

できた離乳食を冷凍する

温めればすぐに食べられるように、調理済みの離乳食を冷凍する方法です。
 

① 離乳食の完成品を作る。
② 1食分を小分けの保存容器に入れる。
③ 冷凍庫に入れる。

 

できた離乳食を冷凍しておくと、時間がないときだけでなく、ママがお出かけするときや病気になったときにも役立ちます。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

食・レシピの人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。