乳歯のむし歯と予防

15

こどもの口と歯の基礎知識

 

乳歯のむし歯はこんなに大変!

もしも乳歯がむし歯になると、歯だけでなくいろいろな問題がでてきます。
まずは永久歯への影響。乳歯の根の下の歯ぐきの中には、生える前から永久歯が成長しています。乳歯がむし歯になると、特に歯根に達するようなひどいむし歯の場合、永久歯のエナメル質や象牙質の形成が不完全なものになる場合があります。また、むし歯が悪化して抜歯するようなことになると、噛むことが上手にできず、体重が増えなかったり口まわりの機能の発達が遅れることにもなりかねません。「歯」だけの問題でなく言葉や顎の力などから成長まで全体への影響が出てきます。


乳歯のむし歯は進み方がとても早く、数ヶ月の間に急に大きな穴が開いて、しかも数本の歯が同時にポロッとくずれるのが特徴です。怖いのは、自覚症状が少なく、そのような状態になっても、まだ痛がらない子どもが多いということです。検診で「むし歯です」といわれたときには、かなり進んでいる場合が多いのです。もしそのまま放置すると、夜中に急に痛みだし、顔が腫れたり熱が出ることもあります。
ただし、むし歯の初期状態(目でみてわからない程度のごく初期)であれば、口の中の環境を良くしてあげることで「再石灰化」され、元の健康な状態に戻ることもあります。できるだけ早い段階で、お口の中を綺麗な状態することが大切です。

 

 

乳歯のむし歯と予防法①

下の歯が生えてきたらママのケアのスタートです!

下の歯が生えてきたら、さっそくガーゼなどで歯のお手入れをはじめましょう。さらに、上の前歯が生えてきたら、最低1日1回はきちんと磨いてあげることも大切です。実質的にむし歯を防ぐのは、ママの仕上げ磨きです。ママが短時間で効果的に仕上げみがきをするには、歯垢がたまりやすい場所を知って重点的に磨くことが大切です。ご機嫌の良いときをみはからって楽しくきちんと磨いてあげましょう。歯ブラシはヘッドが小さくて毛先は短めのものを、前歯しか生えていないときは、やや柔らかめのものを選びましょう。交換の目安は1ヶ月に1回と考え、すぐに毛先が開いてしまう場合は、子ども用と仕上げ磨き用と2本用意するといいかもしれません。

 

Q.仕上げ磨きはいつまでするの?

 

A.最近はママたちの意識の高まりで、乳幼児のむし歯はとても減っていますが、小学校に入ってからむし歯ができてしまうことも多いようです。これは就学前に一生懸命子どもの歯を磨いていたママが、子どもが学校に入ったとたん仕上げ磨きをやめてしまうのが原因のひとつだと思われます。この時期は「6歳臼歯」というもっともむし歯になりやすい歯が生えてくる時期でもあり、永久歯への生え変わりで口のなかの環境も激変します。仕上げ磨きは小学校3年生ぐらいまで、歯みがき後のチェックは高学年までしてあげるのが理想です。
(財団法人 日本口腔保健協会 歯科衛生士 根岸さん)

 

よくお口のなかを見てあげよう「ママチェック」

気をつけていても、むし歯になってしまうこともあるかもしれません。毎日見ていれば、変化に気づくのも早いはず。親子のコミュニケーションの一環として、子どもの歯をよく観察してあげましょう。フロスが使えれば、フロスがひっかかる場所も要注意です。むし歯の発見が早いほど、治療も軽くすみます。

 

●要注意の場所
(1)歯と歯肉の境目 (2)歯と歯の間 (3)奥歯の噛む面 (4)上の歯の裏側
●むし歯の進行と見分け方
(1)歯の表面が白く不透明に (2)黄褐色→茶褐色→黒 (3)歯の一部が欠けたり穴があく

 

何本はえてきたのかな?など子どもと一緒に数えてみてもよいかもしれません。子ども自身に、歯の手入れをすることに興味を持たせ、将来一人で磨くようになってからのセルフ・チェックの準備としても役立ちます。

 

 

 

2015/07/15


この記事にいいね!しよう

いいね!
15

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。