破水とは

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

尿もれと間違いやすい破水

通常のお産は「おしるし」→「陣痛」→「破水」と進む場合がほとんどです。羊水の出方は、いきなり「バシャッ」と出るパターンより、むしろ「ちょろちょろ」「じわじわ」と出てくる場合も多いので、尿もれと間違うこともあります。しかも色合いやにおいなどで、一般の方が見分けるのは難しいです。


最も注意したいのは、破水と気づかないまま時間が経過してしまうことです。尿もれとの違いは、笑ったりくしゃみをしたりしたわけでもないのに、自然にじわじわと出てくる点です。

 

 

破水から24時間以上経過で感染の危険性

破水から24時間以上が経過すると、母児ともに感染のリスクが高まります。破水かな、と思ったら、産院に連絡し、指示を仰ぎましょう。産院に向かう際は清潔なナプキンをあて、大きめのタオルを用意して、車内では横になっていてください。動いて羊水がどんどん出てしまうと、赤ちゃんが苦しい状態になってしまう恐れがあります。

 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る