おしるしとは

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

おしるしについて

おしるしは産徴(さんちょう)といい、赤ちゃんを包んでいる卵膜が子宮壁からはがれるために起こるもので、子宮の入り口に溜まっている粘液と入り混じって出てくる「粘り気のある少量の出血」です。つまり子宮口が開いてきたサインでもあります。そろそろ出産の心構えをしましょう!

 

 

 

おしるしから出産まで

おしるし=即出産になることはあまりありません。通常は2〜3日後、早くても1日後程度です。長い人だと1週間も経ってから出産になったという例もありますので、おしるしがあったからと言って入院の必要はありません。破水(卵膜が破れ、羊水が流れ出た状態)と違って、感染の危険性もほとんどありませんので、まだ入浴やシャワーもOK。特に異常がなければ、体を動かして普通の生活をしていて構いません。

 

 

おしるしに関する質問とアドバイス

Q. おしるしで大量に出血することはありますか?

A. ありません。


大量出血の原因としては「前置胎盤」「常位胎盤早期剥離」「辺縁静脈洞破裂」などの異常が考えられます。こういった状況のときには、産院電話を入れて状況を伝えた上で病院に向かうことをおすすめします。パニックになりがちですが、電話を受けたスタッフが状況を考え、準備をしておいてくれます。

 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る