経腟分娩直後の医療処置

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

子宮収縮剤投与

赤ちゃんが生まれた直後、胎盤の娩出が遅れている場合には十分な子宮収縮を図り、出血を最小限にするために子宮収縮剤を注射します。

 

会陰縫合

胎盤や卵膜がすべてママの体から出た後、切開した会陰部を縫合します。約10分程度で終わります。

 

血圧の測定

出産の後、子宮がしっかり収縮していないと、出血が増え、血圧も下がります。ママの体への負担が大きくなりますので血圧の測定はとても大事です。脈拍、呼吸数も定期的にチェックします。

 

導尿

膀胱に尿が溜まっていると子宮収縮を妨げるので、導尿(シリコン製の柔らかい管を尿道に入れて膀胱に溜まった尿を出す処置)をおこないます。尿意を感じたらすぐに知らせましょう。

 

※ここに記された医療処置をすべての医療施設で必ず施行するというわけではありません

 

 

 

 

専門家に無料で相談できます

自分だけではどうしても解決できない不安やお悩みは、助産師・管理栄養士などの専門家に個別相談してみませんか?


\ この記事にいいね!しよう /
現在ログインしていません。ログインしますか?
シェアする

妊娠中に見ておきたい動画
もっと見る
あわせて読みたい記事
もっと見る
この時期に気になるQ&A
もっと見る