出産までの流れ

3

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

■主な経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆
 

■HP:三鷹レディースクリニック

 

 

初めての出産で緊張でしょうが、昔から「案ずるより産むが易し」と言いますしきっと大丈夫です。赤ちゃん誕生の道のりを知って、自信を持って臨みましょう。

 

 

(1)おしるし(産兆)

粘膜に血液が混じった分泌液です。おしるしがあってから一両日中に分娩開始となることが多いようですが、なかには数日経過してから陣痛が始まった人もいます。個人差があるので慌てないようにしましょう。

 

(2)陣痛

不規則な前駆陣痛から規則的な陣痛に。10分間隔で30秒以上の長さで、おなかが張ったり痛んだりします。目安としては1時間に6回以上の陣痛がきたら入院です。

 

(3)破水

赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れ、羊水が外へ流れ出ることをいいます。一般的に陣痛がピークにさしかかった頃に起こります。陣痛が始まる前に破水すると赤ちゃんへの細菌感染が心配です。生理用ナプキンを当ててすぐに病院に連絡しましょう。

 

(4)分娩第1期(開口期)

出産で一番大変な時間です。規則的な陣痛が1時間に6回以上起こるようになってから、子宮口が開くまでをいいます。呼吸法などで痛みを外らしましょう。パパや付き添いの人に背中や腰をさすってもらいましょう。

 

(5)分娩第2期(娩出期)

子宮口は全開大になり、赤ちゃんが頭を回旋しながら産道をくぐり、誕生するまでをいいます。初産の人では約2〜3時間掛かります。分娩待機室から分娩室に移り分娩台に乗ります。いよいよ赤ちゃんが生まれるときです。合図があったら、いきみをかけて赤ちゃんの産道通過を応援します。赤ちゃんは頭を出したり引っ込めたりしながら、次第に会陰に頭を固定します。ここで合図があり、ママはいきむのを止め、短促呼吸に切り替えます。しばらくすると赤ちゃんの頭が見えてきます。あとはスタッフの手で、スルリとトンネルをくぐるように誕生!今までの陣痛がすっと消え、同時に赤ちゃんの元気な産声を聞きながら感激の対面です。

 

(6)分娩第3期(後産期)

赤ちゃん誕生後しばらくして、軽い陣痛が起きて胎盤が出ます。初産の人は数分で済む場合もありますが、30分くらい掛かることもあります。

 

(監修/天神 尚子先生)
 

 

2015/06/30


この記事にいいね!しよう

いいね!
3

現在ログインしていません。

助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。