赤ちゃんの寝返り返りとは?いつごろできるようになる?練習は必要?

4

監修者

看護師 和田路子

看護師・予防医学指導士


国立大学医学部看護学科卒業後、公立病院周産期センターにて勤務。ハイリスク事例やNICUにて多くの実務経験を経る。自身の不調の経験から、予防医学のに出会い、予防医学指導士の資格を取得。女性の看護経験から多くの女性にセルフケアの重要性を伝えたいと感じ、布ナプキン専門店レメディガーデンによる「子宮から地球を変えようプロジェクト」のプロジェクトリーダーに就任。生理用の布ナプキンのプロデュースと普及活動、女性の体について知るためのセミナーや子宮ケアについての講座を行っている。海の街でのライフスタイルを楽しみながら、不妊や生理による不調などの記事執筆とともにベビーカレンダーでの記事監修にも携わる。

寝返り返りイメージ

 

赤ちゃんによって個人差はありますが、寝返りができたら次は寝返り返りができるようになる赤ちゃんが多いです。そもそも寝返り返りとはどのような動きのことを言うのでしょうか。ここでは、寝返り返りとは何か、寝返り返りはいつできるようになるのか、寝返り返りができるようになってからの注意点などを解説します。

 

 

寝返り返りとは

寝返り返りとは、寝返りをしてうつ伏せになった状態から、さらに寝返りをして仰向けの状態に戻ることをいいます。

 

 

寝返りをする時期と寝返り返りをする時期は違う?

寝返りをすると同時に寝返り返りができるようになることもありますが、一般的には寝返りを先にすることが多いようです。

どちらもできるようになるのは生後5~8カ月が多いですが、寝返り返りができる時期は個人差が大きいため、生後3~4カ月からできたり、生後8カ月以降に寝返り返りができるようになったりする赤ちゃんもいます。

 

 

寝返り返りはできなくても良い?練習は必要?

寝返りをするとうつぶせの状態になります。うつぶせの状態が続くと、体力を消耗してしまうので、自分で寝返り返りをして仰向けに戻れる方がよいでしょう。また、寝返り返りができるようになれば、長時間うつぶせ寝になってしまうといったこともなくなります。

 

寝返りは、近くの物を取ろうと身体を動かすことをきっかけに覚える場合がありますが、寝返り返りは、うつ伏せの状態から元の状態へ戻ろうとすることでできるようになります。うつ伏せに疲れたり、うつ伏せにより息苦しい、目線の先に取りたいものがあるといったことがきっかけになると考えられています。

 

なかなか寝返り返りをしないと、練習させてできるようにしたいと思うこともあるかと思いますが、無理にする必要はありません。

もし、練習をするときは、赤ちゃんがうつぶせから仰向けになろうと身体をひねったときに、軽く上半身を押してあげると寝返り返りを覚えやすいでしょう。

また、うつ伏せの状態で体を優しく揺らしてあげると、揺れがきっかけとなって仰向けに寝返り返りすることもあります。

 

 

寝返り返りの練習や、寝返り返りができるようになったときの注意点

赤ちゃんが生まれたときから安全な環境を整えることが重要ですが、赤ちゃんの成長にともない、注意するべきことが増えていきます。寝返り返りの練習のときや、寝返り返りができるようになってからは次の点についてより一層注意しましょう。


・枕を使用しない
枕に顔が埋もれることで、呼吸ができなくなる恐れがあります。

 

・固いマットを使う
柔らかいマットだと、顔が沈み込むことで呼吸ができなくなる恐れがあります。

 

・ベッドの周りに顔を覆う可能性があるガーゼやビニールなどを置かない
寝返りによって動くことで、近くにあるガーゼやビニールなどが顔を覆い、呼吸ができなくなる恐れがあります。

 

・常に落下のリスクを考えて赤ちゃんを寝かせる場所や寝具を選ぶ
寝返りができたということは、いつ寝返り返りをしても不思議ではないということなので、なるべく目を離さないようにしましょう。ベッドに寝かせる際には、必ず柵をするようにして、普段はプレイマットの上など、落下の心配がない場所に寝かせると安心です。

 

・誤飲するようなものを近くに置かない

小さな物の誤飲には注意しなければなりません。赤ちゃんの誤飲事故は、生後6カ月を過ぎるころから急増するとの報告もあります。寝返り返りをすることで手が届くようになる場所に飲み込めるくらいの小さい物を置かないようにしましょう。

 

・絶対に一人にしない
寝返りや寝返り返りができるようになると、動く範囲も広がり、事故のリスクが上がります。何気ないことが大きな事故につながる可能性もあるため、絶対に赤ちゃんを一人にしたり、赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。

 

 

まとめ

寝返り返りは練習する必要はありませんが、寝返りをしたときに少しサポートをしてあげると感覚を覚えて寝返り返りができるようになるかもしれません。無理のない範囲でおこなうのが良いでしょう。また、寝返り返りができるようになることで、行動範囲が広がることになります。口の中に入るぐらいの小さなものが近くにあると誤飲の事故にもつながりますし、ベッドなどに寝かせた場合は落下することも考えられます。新生児期から赤ちゃんにとって安全な環境を整えることが大切ですが、より一層注意しましょう。
 

 

 

 

◆助産師に相談しよう!(無料)

ベビーカレンダーでは助産師に相談ができます。知りたいことは助産師に質問してみましょう。会員登録は不要です。

 

 

◆助産師に相談(寝返り)

 

→その他の寝返りに関する相談

 

2018/04/24


この記事にいいね!しよう

いいね!
4

現在ログインしていません。

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。