貯金0の「汚部屋」出身ママ→年間300万円貯金できるようになった!

カテゴリー│暮らし  工夫  お金  住まい  家計管理  節約  収納  断捨離  貯金・貯蓄 
2019/10/17 14:30
17

リリーさん節約術

 

たくさん持ちすぎない、シンプルな暮らしをしながら節約情報をInstagramで発信するママ、リリーさん(@lilys_022)。もともとはお金が貯まらない「汚部屋」出身だったものの、頑張りすぎない家計管理や片付けを実践し、現在では年間300万円の貯金ができるようになったそう!

 

今回は、家計簿を続けるコツやポイントカードの断捨離基準、ムダ買いしがちな「汚部屋体質」の改善策など、家計管理や節約のアイデアを教えてもらいました。

 

続きを読む

家計簿を続けるコツは…

家計簿を続けるコツ

家計簿をつづけるコツは、驚きの“市販の家計簿はあえて使わない”ということ。他人が作った家計簿の型に、無理やり自分の家計簿を当てはめるのは無理というもの。また、「家計簿をつけなきゃ!」というプレッシャーも良くないそう。

 

市販のものを買っては何度も途中で挫折してきたというリリーさんは、「まずは家にあるノートから始めてみよう!」とおすすめしています。市販のノートにその日使ったレシートを貼り、週1で集計するというシンプルな方法です。

 

家計簿はつけることが目的ではなく、“家計を把握することが目的”なので、週1の支出合計を足して1カ月の収支を確認するという作業を、家計全体が把握できるまで3カ月くらい続けてみると良いそう。続けるうちに、わが家にはどんな費目が必要なのか、何に多く出費する傾向があるのか、“家計の癖”がわかってくるとのこと!

 

まずは家計簿をつけて“家計の癖”を把握し、そこで見えてきた固定費の見直しをおこなう。そのおかげで、毎月の電気料金やスマホ代が安くなるだけでなく、モチベーションが上がって節約にも前向きになり、家計簿も続けられるのだとか。

 

リリーさんが効果的だと感じた固定費の見直しは下記の通り。

 

・スマホは格安SIMに変更

・保険の見直し

・電力会社/ガス会社の変更

・家賃の安いところへ住み替え

・プロバイダー契約の見直し

・お風呂のシャワーヘッドを節水タイプに変える

・アプリの月額利用をやめる

・ネット動画見放題の契約をやめる

・行っていないスポーツクラブを解約

 

家計簿が続かない……と悩んでいる方はハードルを下げて、家に余ってるノートで始めてみませんか?

 

ポイントカードの断捨離

ポイントカードの断捨離

新しいお店を利用するたびに増えるポイントカード、みなさんは定期的に断捨離していますか? リリーさんは自分で基準を作って、定期的に断捨離しているそうです。

 

<ポイントカードの断捨離基準>

・有効期限が切れている

・1年以上そのお店へ行っていない

・有効期限が短すぎておそらく期限内に行かない

・還元率が低い

・維持するのに手間がかかる

・アプリと連動させないといけない

・ポイントが利用できるほどそのお店に通わない

 

毎日使うようなもの以外は、どんなに「ポイントカードをつくるとお得ですよ」と言われても断っているそう。また、もう1つ注意したいのは、「あと700円でポイントが倍になるから買おう」となる、ついで買い。ポイントのためにいらないものまで買わないように気をつけて、本当に必要なもの・欲しいものだけを買うようにしているのだとか。

 

ポイントカードの断捨離

 

ちなみにリリーさんが使用しているポイントカードケースは文具屋さんで購入したもので、ゴムを外すとジャバラに開くので上からカードを探しやすく、お会計の時もサッと取り出せて便利だそう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)