赤ちゃんに食べさせてはいけない食材

 

こんにちは、ベビーカレンダー編集部です。生後5カ月の赤ちゃんが乳児ボツリヌス症で亡くなられたという報道で、改めて「1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えてはいけない」ことが認識されています。

 

赤ちゃんに与えていけないものは、はちみつだけではありません。赤ちゃんが食べていいもの悪いものを、「ベビーカレンダーあんしん基準」からピックアップし、はちみつ以外でも避けたほうが良い食材や、窒息の可能性がある食材と食べさせ方、アレルギーについてをまとめました。

 

ベビーカレンダー離乳食あんしん基準 

 

続きを読む

黒糖やはちみつなど、乳児ボツリヌス症の原因となる可能性のある食材

ボツリヌス菌は密封された食品の中で増殖し、命にかかわる食中毒を引き起こします。これがボツリヌス食中毒や、乳児ボツリヌス症です。

 

はちみつ

はちみつは非加熱処理のまま密封し、販売されている場合があります。ボツリヌス菌は酸素が苦手なため、酸素のない状態になっている食品が原因となりやすく、自分を守るために殻を作り出した「芽胞(がほう)」という形態ではちみつ内に存在し、低酸素状態になると発芽して強い毒を出すと言われています。この毒が乳児に食中毒を起こします。

 

黒糖

黒砂糖は精製工程が少ないため、ボツリヌス菌が含まれている可能性があるとされています。ベビーカレンダー離乳食あんしん基準においては、黒糖はNGとしています。

 

砂糖の製造方法はいくつかありますが、原材料名に「原料糖」と表示されているものは、原料を結晶化させて作られています。この工程を経た砂糖は、ボツリヌス菌は排除されています。

 

黒糖でも、「加工黒糖」と表示されているものは、原料を結晶化させて作られているため、ボツリヌス菌の混入はないと考えられています。「黒糖」のみ表示のものは、さとうきびを煮詰めて作られるもので、結晶化の工程を経ていないため、ボツリヌス菌の混入の可能性がゼロではありません。

 

三温糖やブラウンシュガーなども控えたほうがよい?

三温糖は、グラニュー糖や上白糖を製造するときに煎糖(せんとう / 糖液を煮詰めていって水分をとばし、糖を結晶化させること)した後の蜜が材料です。上白糖にカラメル色素で色づけしたものを三温糖として販売している場合もあります。いずれも結晶化の工程を経たものなので、ボツリヌス菌は排除されています。


黒糖と同様、「原料糖」表示のない砂糖(一部のブラウンシュガーなど)は 、ボツリヌス菌が含まれている可能性があります。
 

上白糖は精製されているため、ボツリヌス菌は排除しているとされますが、ボツリヌス菌感染の危険以前に、1歳未満の赤ちゃんに砂糖類を積極的に使用することは、おすすめできません。

食材の自然な甘味を上手に利用することをおすすめします。

 

(砂糖の定義や製造方法取材協力:日新製糖株式会社 お客様相談室)

 

過去にボツリヌス菌が発生した食材

大人の発生事例では缶詰、瓶詰、真空パック食品(からしれんこん)、レトルト類似食品、いずしなどがあります。乳児ボツリヌス症でははちみつのほか、コーンシロップによる発症が報告されています。


大人になれば、はちみつなどに含まれる程度では問題がありませんが、免疫力や抵抗力の弱い赤ちゃんにはNGです。

 

 参考:ボツリヌス菌による食中毒について(食品安全委員会)

「ボツリヌス菌」について知っておきたいこと 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

 
 

人気記事ランキング

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)