油断大敵!車のおでかけ

18

チャイルドシートの基礎知識

現在の道路交通法では、0~6歳までのチャイルドシート着用が義務化されています。しかし、実はシートベルトを着用して事故時に効果があるのは、身長135cmくらいになってからです。2001年の文部科学省学校保険統計調査によると、子どもの平均身長が10歳で133.5cm、11歳で139.7cmという結果ですから、子どもの安全を守る、という視点で考えると、実際には法定の年齢プラス4~5年はチャイルドシートなどを着用したほうが良いということになります。

 

また、身長100cm程度になってチャイルドシートを卒業し、使用するジュニアシートは、別名「ベルトポジショナー」とも呼ばれるもので、シートベルト適用身長よりも小さい子どもが、シートベルトを着用するさいに、シートベルトを本来の正しい位置に補正してくれる働きがあります。このジュニアシートを着用せずに大人用シートベルトを子どもに使用させると、本来骨盤にかかるはずの腰ベルトが腹部にかかったり、肩ベルトが首にかかってしまったりして、万が一のときに、内臓や首の骨を圧迫して命にかかわる可能性もあります。いろいろな製品が販売されていますが、背もたれ付でないものは、腰ベルトのポジションしか補正してくれないため、背もたれのついた、両方のベルト位置をきちんと補正してくれるシートがおすすめです。 
 

 

●着用しない理由は?

子どもがぐずっていやがったとき    116
短距離しか乗らないとき    89
走行中のオムツ替えや授乳のとき    53
子どもが寝てしまったとき    19
面倒なとき    18
急いでいるとき    15
車内が暑いとき    7
その他    32

 

 

年々交通事故の総死者数が減っているのに同乗中の子どもの死者は増えている

※自動車乗車同乗中
15歳以下    死者数    61
増減数    7
平成15年警察庁「平成15年交通事故発生状況」より

 

 

チャイルドシートのチェックをしてもらえる場所は? 

JAF チャイルドシートチェックアップ 
無料(要予約、開催地JAF支部に連絡)
JAF 全国イベント案内にて開催日時・予約方法など常時掲載

 

 

checkpoint

チャイルドシートの着用が法制化されたおよそ7年前以降発売の国産車の後部座席には、「ELR」から「ALR」というチャイルドシートを固定するためのシステムに切り替えることのできるシートベルトがついています(ベルト根元部分に表示あり)。通常のシートベルトについている「ELR」は、事故などで急な力がかかった場合のみロックされますが、「ALR」は引き出した任意の部分で自動ロックし、シートがとりつけやすくなっています(シートベルトをいったんすべて引き出すことで「ALR」に切り替わります)。
「ALR」機能のついていない場合でも、3点式シートベルトならロックオフデバイスという機能が内臓されたチャイルドシートなら、シートベルトをシートの機能によってロックすることができます。 
 

checkpoint

チャイルドシートはきちんと装着しなければ効果が十分発揮できません。一般にママが認識している以上に適正でない装着がされている場合は多いというデータもあり(※下表)、一度きちんとチェックをしてもらうこともおすすめします。(取材協力:タカタ)
 

●乳児用後ろ向きシート
シートに置いただけ    3.6%
エアバッグ付助手席で後向き使用    4.6%
固定金具・クリップの不備    4.1%
座席ベルトでの締め付け不足    31.4%
リクライニングの調整不適切    5.7%

 

●乳児用前向きシート
座席ベルトでの締め付け不足    43.8%
固定金具・クリップの不備    24.8%
シートに置いただけ    6%
座席ベルトの通し方が不適切    4.6%
ハーネスの誤使用    3.4%
※チャイルドシートミスユースの割合と原因 データ提供:JAF

 

 

意外に危ない!車内の事故

毎年のように報道される悲しい事故。警察庁の発表によると、2003年には5人もの乳幼児が「車内に放置された」ことが原因で亡くなったということです(分類としては事故ではなく“虐待”とされる)。暑い時期に起きると思われがちですが、事件発生の時期をみると、3月・4月にも起きていることから、車内は想像以上に短時間で暑くなりやすいようで、夏などの車内放置は「短時間だけ」が思わぬ事故につながりかねず、注意が必要のようです。
また、死亡にまでいたらなくても、ケガをしてしまうケースも多く、予防のためにはまず(1)車は家よりリスクが高いという意識を持つこと(JAF記事より)、(2)どんな事故が高い頻度でおきているか知る(3)チャイルドシートを正しく装着する(4)子どもを車内に放置しない、の4点を意識することで、ほとんどの車内事故は防ぐことができます。
 

●クックパッドベビーアンケートから

 

●JAF Mate 2003/7月号 より

 

 

1位

投稿数:594通

割合:48%

車内事故内容:ドアに手や足をはさんだ

対策:チャイルドシートを着用させてから閉める/確認して閉める/兄弟など子どもに開閉させない

 

2位

投稿数:391通

割合:32%

車内事故内容:急ブレーキ時、頭や体を強打した

対策:チャイルドシートを着用する

 

3位

投稿数:136通

割合:11%

車内事故内容:パワーウィンドに手・足・首をはさんだ

対策:チャイルドシートを着用する/チャイルドロックをする

 

4位

投稿数:25通

割合:2%

車内事故内容:ドアが開いた、または子どもがドアを開けて車外へ転落した

対策:チャイルドシートを着用する/チャイルドロックをする

 

5位

投稿数:18通

割合:1%

車内事故内容:乗せおろし時に頭をぶつけた

対策:子どもの頭に手を置いて乗せおろしする/子どもが自分で乗降するときには側につく

 

6位

投稿数:17通

割合:1%

車内事故内容:チャイルドシートごと外れて転落した

対策:サイズにあったシートを着用させる/固定具合を走行前に確認する

 

7位

投稿数:16通

割合:1%

車内事故内容:シートベルトの金具でやけどした

対策:夏場は親が触って確認/日除けカバーをしておく

 

8位

投稿数:11通

割合:1%

車内事故内容:シガーライターをいたずらしてやけどした※4~5歳に多い

対策:子どもを車内に放置しない/チャイルドシートを着用する

 

9位

投稿数:10通

割合:1%

車内事故内容:熱中症、脱水症状になった

対策:子どもを車内に放置しない/サンシェードをつけ、水分補給をこまめにする

 

10位

投稿数:9通

割合:1%

車内事故内容:食べ物をのどに詰まらせた(ストローが刺さる、アメを詰まらせることが多い)

対策:ストローは走行中に使用させない、飲食はなるべく避ける

 

 

 

2015/07/02


この記事にいいね!しよう

いいね!
18

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。