産前うつ(妊娠うつ)・マタニティブルー・産後うつについて

2

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。

 

■主な経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業

 

■所属学会

日本産婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本産婦人科乳腺医学会

 

■メディア履歴

【雑誌】

妊婦さんの出産準備を応援する雑誌「Pre-mo(プレモ)」(主婦の友社発行)

「マタニティ」(学研プラス発行)

「妊すぐ」(リクルート発行) ほか多数

 

【テレビ・ラジオ】

NHK『ニュース シブ5時』でPMDD(月経前不快気分障害)セルフチェック!の取材

患者さんから先生へ感謝の手紙を紹介する番組『Letters~感謝の手紙~』(テレビ東京)

TBS『アッコにおまかせ!』で産後うつについてコメント 他

 

【その他メディア】

妊娠・出産・育児の情報サイト『ベビーカレンダー』監修者
生活総合情報サイトAll Aboutで産後ブルーについての記事執筆
妊娠・出産・育児に関する情報サイトgooベビーで診察室から 最近の診療現場で感じることの記事執筆
 

■HP:三鷹レディースクリニック

産婦人科医の天神尚子先生によると「産前うつ(妊娠うつ)はそれほど心配ないけれど、産後うつは自覚できないまま悪化することもあるので用心が必要」とのこと。アンケートでは妊娠中の「うつ」を自覚した方が3割、産後の「うつ」を自覚した方は4割という結果でした。
この特集では、専門家のアドバイスと先輩ママの体験談で、産前うつ・産後うつや出産前後に見られる心と体の変化についてまとめています。
 

 

 

産前うつ(妊娠うつ)、産後うつはよくある症状?

産前うつ(妊娠うつ)はそれほど心配いりません

妊娠中のうつの原因は、ホルモンバランスが変わるという身体的要素に加え、「うまく育ってくれるだろうか」「お産はうまくいくだろうか」といった心理的不安が影響しています。
しかし、これはほとんどの場合妊娠初期で終わり、その後は「赤ちゃんが生まれるのが楽しみ!」という未来への期待のほうが膨らんで、解消されてしまう場合がほとんどであまり心配はいりません。
 

産後うつは症状を知ることで悪化予防

マタニティブルー、産後うつはあくまで一過性のものです。本当の病気ではありません。どういうものかを知っておき、対処法を考えておけば、産後数カ月もすれば自然になくなってしまいます。
ただし「あっこれが産後うつだ」というふうに自覚のある方は安心ですが、自分の不安定な精神状態の原因がわからないままパニックになったりすると、重症の場合は本当に「うつ病」になってしまうこともあるので注意が必要です。
「私には関係ない」と思わず、どんな症状なのか、いつ頃なりやすいのか知っておくことが最大の予防策です。

 

マタニティブルーのよくある自覚症状は「涙」「頭痛」「不眠」そして…

普段(妊娠、出産前)なら気にならない程度のことでも、産後はイライラしたり悲しくなったり、憂鬱になったりします。また、疲労感、不安感、頭痛、イライラ、食欲不振などもあります。母乳育児に関して心配しすぎる(おっぱいが出ない、出ていない気がする)、子どもがかわいく思えなくなる、などがよくある悩みです。

 


 

(監修/天神 尚子先生

 

 

2015/07/27


この記事にいいね!しよう

いいね!
2

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。