クラミジア感染症

10

10〜20代に多く、性感染症のなかではもっともポピュラーな性感染症です。クラミジア・トラコマチスという細菌が感染して1〜3週間で発症します。

 

症状チェック

  • 自覚症状はあまりない
  • おりものが増えた
  • 不正出血を伴う軽い下腹部痛がある

 

不妊や子宮外妊娠、流早産の原因にも

症状には上記のようなものがありますが、多くは症状を自覚できないため、感染による炎症が子宮頸管、子宮内膜、卵管へと拡がって炎症を起こすこともあります。

炎症が続くと臓器の癒着が起こり、不妊症になったり子宮外妊娠や流産、早産を起こすこともあります。また、感染したままで出産すると産道で赤ちゃんがクラミジアに感染して結膜炎や肺炎を起こすこともあります。

クラミジア感染症は、抗生物質を服用することで2週間ほどで治療できます。妊娠前に検査をして治しておきたいですが、妊娠した後に気付いても治療は可能です。

 

 

 

 

 

監修者

医師 天神尚子 先生

産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長


日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。


経歴

1981年 日本医科大学医学部卒業
1988年 米国ローレンスリバモア国立研究所 留学
1994年 日本医科大学 産婦人科学講師
1995年 東京都教職員互助会三楽病院 産婦人科科長
1995年 日本医科大学 産婦人科学客員講師
2004年 三鷹レディースクリニック開業


2015/07/08


この記事にいいね!しよう

いいね!
10

現在ログインしていません。

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。