ベビーカレンダー

5/10 Mon

プレゼント

メニュー

閉じる

ログイン

ビタミンC

ビタミンCは免疫力を高めます。鉄を吸収する役割もあるので、つわりや貧血を防ぐにも必要です。鮮度が古くなるとビタミンCの含有量は下がりますので、下記のいずれの食材も、新鮮なうちに食べるようにしましょう。
妊娠0〜4カ月 妊娠5〜7カ月 妊娠8カ月〜

野菜類・果物類・いも類

ブロッコリー 水溶性ビタミンを壊さないよう、茹ですぎに注意しましょう。
冬のほうれん草 水溶性ビタミンを壊さないよう、茹ですぎに注意しましょう。
赤ピーマン 色が濃いものほどβカロチンが多くなります。
黄ピーマン 色が濃いものほどβカロチンが多くなります。
ピーマン 茹でるより油で調理するとよりいいです。
カリフラワー カリウムも多く含みます。
かぶの葉 βカロチン、ビタミンK、葉酸も多く含みます。
大根の葉 βカロチン、ビタミンK、葉酸も多く含みます。
にがうり カリウムも多く含みます。
モロヘイヤ カリウム、βカロチン、ビタミンK、食物繊維も多く含みます。
さやえんどう βカロチンも多く含みます。
トマト βカロチンも多く含みます。
じゃがいも 糖質が多いので、食べ過ぎには注意しましょう。
いちご 糖質が多いので、食べ過ぎには注意しましょう。
キウイ 糖質が多いので、食べ過ぎには注意しましょう。
オレンジ 糖質が多いので、食べ過ぎには注意しましょう。
グレープフルーツ 糖質が多いので、食べ過ぎには注意しましょう。
アセロラ 糖質が多いので、食べ過ぎには注意しましょう。
ゆず 柚子茶など糖質の多い加工品に注意しましょう。
すだち ジュースなど糖質の多い加工品に注意しましょう。
かなり糖質が多いので、食べ過ぎには注意しましょう。
豆苗 カリウム、βカロチン、ビタミンKも多く含みます。
芽キャベツ カリウム、βカロチン、ビタミンK、葉酸も多く含みます。