こちょれーとの記事

マンガ家・イラストレーター

こちょれーと

新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
1 クリップ

漫画家。6人家族で、双子を含む4姉妹のママです! 今は主にイラストを描いていますが、もとは紙面で漫画を描いていました。

記事(47)
「うわ、まじか…」買ったものをぶちまけた私のそばに、顔をしかめた女子高生が。その後の対応に感激!
4歳の娘と1歳の息子を連れて行ったスーパーで、買ったものを床にばらまいてしまった私。「最悪だ」と思いつつ、歩いていく人の視線を気にしながら落ちたものをなんとか拾っていました。そのとき、遠くにいた女子高生が「うわ」と顔をしかめて、こちらを見ていたのですが……。
子連れOKのジムで出会ったピンク髪のトレーナー。子どもに興味ナシかと思いきや、凄まじいギャップ!
無事に出産を終え、体力は回復してきましたが体形が戻らなかった私は、パーソナルトレーニングに通うことに。私はそこで、若い男性のトレーナーさんと出会いました。派手な髪色でクールなイマドキ男子という印象でしたが、通ううちに思わずキュンとしてしまう、ギャップのある一面が見えてきたのです。
「おせっかいだな」なんて思ったことを反省…!私たち家族に寄り添ってくれた、やさしいお隣さんに感謝
夫の転勤で引っ越す前、私たち家族が住んでいた場所は、いわゆる「都会」にあたるところでした。ご近所付き合いはほとんどなく、すれ違い時のあいさつ程度。いつしか田舎育ちの私も「今どきのご近所付き合いは、こんなものでしょう」と思い込んでいました。さらに子どもが生まれて少し神経質になっていた私は、この深く関わらない付き合いがちょうど良いとさえ思っていたのです。
「どうしよう…余計なことをした!?」鍵を忘れて家に入れず泣いている近所の子ども。声をかけた結果…
自分の住むマンションで聞こえ続ける子どもの泣き声。様子を見に行ったら、家に入れずに泣いている女の子が。なんとかしてあげたいけど……。同じマンションだからこそご近所さんとギスギスしたくない。でもほっとくわけにもいかない。思い切って声をかけたその後の展開についてお話しします。
「見た目で判断してごめんね…」明るい髪色で悪そうな少年。自転車を置き去りにし、まさかの行動に!?
ある日街で、髪の色が明るく、体格の良い小学生くらいの男の子を見かけました。目つきもするどく、なんとなく悪そうな雰囲気……。先入観から、近寄りたくないなと思ってしまったのですが、交差点で一緒に信号待ちをしていたとき、彼はまさかの行動に出たのです! ギャップにほっこり、そして人を見た目で判断した自分を反省したエピソードをお伝えします。
「さすがにしつこい!」子どもが生まれて態度が急変。延々と育児アドバイスをするご近所さんに私は…
現在2歳の娘を育てています。住んでいるのは関東の田舎のほうで、近所には子どもよりおじいちゃん・おばあちゃんが多い地域です。それはそれでかわいがってもらえるので良いのですが、人によってはちょっとしつこい育児の先輩になったりもします。そんなしつこい子育てアドバイスを、波風立たせずに乗り切った体験談をお伝えします。
「パン買ってくるわ」破水してるのにコンビニ!?出産直前に夫が取った驚きの行動
私には現在上は14歳、下は3歳まで7人の子どもがいます。第7子を出産するにあたり、上の子どもたちにも出産に立ち会ってもらうことを希望しました。近くに助産院がなく、自宅出産や助産院での出産は断念しましたが、子どもたちも立ち会いOKの病院に出合いました。出産当日、病院へ向かう途中に夫が取ったある行動に驚いたエピソードをお伝えします。
「甘く考えてるんじゃないの?」復職後、同僚から言われた心無い言葉。仕事と育児の両立は…
長男を出産して仕事復帰するにあたり、1歳で保育園に預けました。ようやく仕事ができると張り切っていましたが、度重なる長男の発熱。病児保育に預けていたのに、まさかの呼び出しに仕事を休むしかありません。夫は仕事を休めず、親も仕事をしていたため、夫にも親にも頼れない状況でした。初めての育児と仕事、自分なりに一生懸命やっていると思っていたのに、同僚からの心無い言葉に涙した私の体験談をお話しします。
「妊娠を理由に食べてばっかりなんだよ!」親戚の前で義父が勘違い発言! 反論せずにいたら…
現在2歳の娘を育てています。娘は義父母にとって初孫ではないけれど、初めての近くに住む孫です。それもあって私が妊娠を報告したときにはとても喜んでくれました。しかしそのうれしさのあまり、暴走した義父が親戚に妊娠発表した内容が私をイライラさせる結果になりました。
「今する必要ある!?」外出する時間が迫ると急に仕事を始める夫。さらに息子にイライラをぶつけて…
夫は普段から家事や育児に積極的に取り組んでくれています。休日も家族でおでかけして楽しく過ごしていました。でも私は休日の朝、夫の振る舞いに少し不満に思うことがあって……。そんなことが続いていたとき、ある事件が起こったのです。
「声は出さない!」厳しいコワモテドクターが苦手。出産を経験し、地域で愛されている理由に気づいた!
私の初出産での体験談です。地域で人気の産婦人科医にかかった私。担当の医師はヒゲ面でコワモテの年配の男性でした。妊婦健診で会うときは、言葉数が少なく不愛想な先生だと思っていたのですが、出産の際に見えたその先生の人柄のギャップに心があたたかくなった私。この出来事を通して、厳しい雰囲気で苦手だと感じていた医師の見方が変わりました。
「借金!?聞いてない!」住宅ローン審査で夫のカードローンが発覚!マイホームどころではなくなって…
そろそろ家を買おうと決意し、住宅ローンの仮審査をしました。ところが私のまったく知らなかった夫のカードローンが発覚! そのローンを返済してしまわないと審査が通らないということでした。何よりもそんなクレジットカードを使っていたことが信じられず、家どころではない私。義両親と同居の家を買うはずが、それどころではなくなった私の体験談をお話しします。
「クレーム以外に理由がある?」何度も苦情を言いに来る、階下に住む女性。本当の目的はもしかして…
掃除機を日中にかけていると、「うるさい」とクレームを寄せてくる、階下に住み更年期障害で寝込んでいる中年女性。あの手この手で対策をとり、一時は苦情を言われなくなりました。しかし、クレームのない穏やかな生活を1年半ほど過ごしたある日にまた襲来! その日をきっかけにまたクレームが頻繁に届くようになったのです。しかし、何やら以前とは状況が異なる様子で……。
「冗談じゃ済まない!」夫の友人が軽い気持ちで実行した、私へのいたずらがありえない…!【体験談】
人が集まることの多い義実家。その日家族みんなで遊びに行くと、人が数人集まっていました。その中には近くに住む親戚や、夫の学生時代の友人も。その友人が授乳時期の私におこなった”冗談”が、とても衝撃的でした。思わず怒りが爆発しそうになった体験談です。
PICKUP

同月齢の赤ちゃん
ってどんな感じ?

みんなの成長アル
バムで早速見る▶